HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

奈良県 T. T. 様

〈4年越しの思い〉

 

今回ご紹介するお客様、実はこちらの靴をオーダーいただく4年ほど前にも一度ご来店下さり、フィッティングサンプルなどで足入れを確認いただいておりました。また、その際にホールカットをベースにスリットの入ったこちらのスプリットホールカットのデザインをとても気に入っていただきました。いずれオーダーしたいとの思いを抱きつつ、それから4年、東京出張に合わせてご来店され、デザインもそのままでオーダーいただきました。オーダーにあたっては、どんな靴に仕上げたいかはっきりとしたイメージをお持ちで、4年の間でお仕事の環境が変わったこともあり、よりカジュアルに履けるものとしたいとのことでした。

また、お客様のご職業はエンジニアということもあり、手仕事やその技術的なことにも関心が高いご様子でした。後日、できれば自分がオーダーし、履く靴の制作過程を実際に見てみたいとのご連絡をいただき、お客様が東京にお越しになるタイミングに合わせ、アッパーの制作過程をご見学いただきました。私たちつくり手にとって、お客様の顔やオーダーに至るお気持ちを理解することは、より良い仕事へと通じるのと同じく、お客様にとっては、ご自身でオーダーした靴がどのようなつくり手によって、どのような作業を経て出来るのかを知ることは、より深い靴への愛情へと繋がるのだと思います。靴の手前にあり、向こうにあるもの、靴を作る上で、私たちがずっと大切にしているものです。

そうして完成した靴は、つま先にやや丸みを持たせた木型を基に、アッパーは黄色味のあるライトブランの型押しの革をメインに、赤味のあるスムースレザーをスリット部分に配し、控えめながらもコントラストが映える、カジュアルで遊び心のある一足に仕上がりました。ちなみに、この型押しの革、お客様がアメリカンフットボールがお好きで、そのボールに使われている革に似ていることが決め手となってお選びいただきました。

4年越しの思いが詰まったこの靴が、お客様の愛情を受けながら、これからの日々の足元を支えていってくれることを願っています。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ライトブラウン、ソール:スクエアウエスト

 

〈Passion for over 4 years.〉

 

The customer of these shoes visited us 4 years ago and tried on our fitting sample shoes to check how well they would fit. We presented this Split Whole-cut design to him, which is a whole-cut base style with slits inserted into the other pieces of leather, and he became very interested in it. He considered placing an order sometime in the future. After 4 years, he visited us again during his business trip to Tokyo and finally placed an order for the Split Whole-cut shoes. He had a clear image of the shoes that he wanted when he ordered. Because he had changed his job since we met last time he wanted to make this pair of shoes more casual to fit his new lifestyle.

Since he is an engineer he seems to be interested in handmade things and the techniques behind them. At a later date, he asked us if he could observe part of the shoemaking work for his shoes in person if possible. So we made an opportunity to let him see the upper making of his shoes based on the timing of his visit to Tokyo. He enjoyed it very much. For us shoemakers, to meet a customer in person and understand something behind his/her shoes helps us to make even better shoes. At the same time, for a customer, to know who makes the shoes and how they are made leads to a deeper attachment to his/her shoes. What comes before and after the shoe is made are very important to us.

This combination with yellowish light brown embossed leather for the main part of the upper and slightly reddish brown smooth leather for the slitted parts gives a modest but interesting contrast to the shoes. Based on the round toe last, the final shoes turned out to have a smart casual character with a sense of fun. By the way, the reason for choosing this embossed leather is that it looks like the leather used for American footballs, of which he is a big fan.

We hope these shoes that filled him with passion for 4 years will be loved by him and will support him in his daily life at his feet from now on.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Light brown, Sole : Square waist

 

 

 

 


Hong Knog Mr. R.W. & Mr. T.W.

〈心待ちにするもの〉

 

今回ご紹介するこちらの2足は、香港でのトランクショーにご参加いただいたお客様とそのご友人からオーダーいただいたものです。

そのお客様は、以前からSNSを通じヒロヤナギマチの靴にご興味があり、長い間私達のトランクショーを心待ちにしていたとのこと。靴が好きでいろいろな靴を履かれていることもあり、自分の好みやフィッティングをとてもよく理解されておりました。スタイルはクラシックな中にもモダンさを感じさせるものに惹かれるとのことで、ヒロヤナギマチのオリジナルデザインのモンクストラップをオーダーいただきました。バーガンディーのミュージアムカーフとベベルドウエストのソールと相俟って、こだわりの一足に仕上がりました。

一緒にお越しいただいたご友人の方は、そのお客様から私達のことを聞き、いろいろと教えてもらう中で興味が増し、トランクショーをとても楽しみにしていてくれたとのこと。オーダーを決める際もお二人で相談し、実際の靴や革を手に取り、出来上がる靴を想像しながら、楽しまれている様子が印象的でした。こちらもヒロヤナギマチのオリジナルデサインであるギリーを、モンクストラップと同じ仕様でオーダーいただき、華やかな雰囲気に包まれた靴が出来上がりました。

私達シューメーカーにとって、遠く離れた海外の地に自分たちの靴に興味を持ってくれている人がいるということは、励みであり、トランクショーはそうしたお客様にお会いできる場であり、楽しみでもあります。

お客様にとってもトランクショーは、靴を見ることはもちろん、つくり手と直接話をしながらどんな靴を作るか思いを巡らせる、心躍る体験の場であるかと思います。

パンデミックの現況下、今はトランクショーを行うことができず残念ですが、いずれ再開できる日が来て、多くの靴好きの方々に再びお会いできることを心待ちにしています。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ/バーガンディー、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ/バーガンディー、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Things we are looking forward to.〉

 

Allow us to introduce two pairs of shoes ordered by a customer and his friend during our last trunk show in Hong Kong.

The first customer came to be interested in our shoes through social media and he had been looking forward to the trunk show for a long time. Even though he doesn’t have bespoke shoes, he has a lot of experience with shoes. He understands the kind of fitting he wants from a shoe as well as the style he prefers. He likes shoe styles based on the classics that have something unique about them, so he ordered our original style monk strap shoes with wing tips. They were finished very nicely in a burgundy museum calf with a beveled waist sole.

The second customer, who is a friend of the first customer and joined the trunk show together with him, became interested in our shoes through his influence. He was looking forward to our trunk show, too. Getting some advice from his shoe friend, he seemed to enjoy the opportunity to interact with actual shoe samples/leather swatches and with being able to draw an image of the finished shoe in his mind. He decided to order our original ghillie shoes with the same upper leather and sole specification as the monk strap shoes. They turned out quite elegant because of these details. 

For us shoemakers, it is an honor for us that there are many people who are interested in our shoes and are waiting for us abroad. It raises our motivation for shoemaking even higher. We are looking forward to the trunk show when we are able to meet them. 

For a customer, a trunk show is a good place to meet a shoemaker in person and to see his shoes. It must be a fun experience that he/she can place a shoe order through talking with a shoemaker.

With the current pandemic, it is a pity that we cannot go abroad to hold trunk shows for the time being. But we are looking forward to meet many shoe lovers at our trunk shows again after this situation has settled down. 

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : Italian calf/Burgundy, Sole : Beveled waist

Last : Modified last/Round toe, Upper : Italian calf/Burgundy, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


東京都 T. S. 様

〈同級生が結ぶ縁〉

 

今回ご紹介するこちらの3アイレットダービーは、ワールドフットウェアギャラリーにて行ったトランクショーでオーダーいただいたものです。

ご夫婦でご来店いただいたお客様、実は奥様はスタッフの一人と同じ高校の同級生。奥様から事前にご主人が、本格的な革靴を購入したことをきっかけにその魅力に引き込まれ、お仕事で昇進が決まったことを契機に、オーダーで靴を作りたいと考えているとスタッフに相談がありました。そのため、間近に予定していたワールドフットウェアギャラリーでのトランクショーをご案内、ご来店いただいた次第です。

足にフィットした靴を得るためにはビスポークも検討していたとのことですが、フィッティングサンプルを履いていただくとそのフィット感に驚かれている様子で、木型の修正をすることなく、オーダーいただくことができました。

出来上がった靴はダークブラウンの深い色合いとベベルドウエストソールでシックにまとめ上げられ、その履き心地とともに大変ご満足いただきました。ヒールもシームレス仕様で、日頃から靴のお手入れも楽しまれているというお客様にとって、磨き甲斐のある一足になったのではないかと思います。また、奥様にはこの機会を通じて、高校の同級生であったスタッフの仕事や手による靴作りをご紹介することができ、大変嬉しく思います。

今後、この靴がお二人の人生の場面々々を彩る一足になることを願っております。

 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The order brought through a classmate.〉

 

Allow us to introduce these 3-eyelet derby shoes that were ordered during our past trunk show at World Footwear Gallery.

The customer visited us with his wife, who was a high school classmate of one of our staff. He came to like leather shoes very much because of a pair of classic leather shoes he had bought recently. He was going to be promoted at work soon, so he wanted to commemorate the event with a pair of order made shoes. His wife got in touch with our staff member about our shoes and we told her about the trunk show at World Footwear Gallery that was going to be held soon.

He considered placing a bespoke order to get shoes that would fit extremely well, but once he put on our fitting sample shoes he was surprised at how well they fit and placed a shoe order by MTO.

He was very happy with the final shoes that turned out quite chic because of the deep dark brown color and the beveled waist sole. I know he likes to keep the shoes clean and I hope he will enjoy polishing them with their seamless heels. We are very glad that we were able to present the work of the high school classmate and handmade shoemaking to his wife, too.

We hope this 3-eyelet derby will help to make various events in their life a little happier.

 

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Dark brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


USA Mr. J. Y.

〈意外なリクエスト〉

 

今回ご紹介するローファーはハワイ・ホノルル在住の日系アメリカ人のお客様よりオーダーいただきました。靴が好きで、私達のことはネットで調べ知ったとのこと。日本へはお仕事で定期的にいらっしゃることもあり、ビスポークを前提にご来店いただきました。常夏のハワイという土地柄、初回のオーダーではありますがローファーをご検討され、結果、HIRO YANAGIMACHI オリジナルのセンターシームサドルデザインをご指名いただきました。アッパーにグレーを、ソールにはベベルドウエスト&フィドルバックというこだわりの仕様をお決めいただいた後、最後にお客様よりいただいたリクエストは実に意外なものでした。それは、「富士山」と「海」というモチーフを靴のどこかに入れて欲しいということ。話を伺ってみると、実は「北斎」が大変お好きとのことで、そのため、その浮世絵に度々描かれ魅了された「富士山」と「海」というモチーフを、これからつくる初めてのビスポークシューズにも取り入れたいとのことでした。

センターシームサドルローファーのデザインの基本を崩すことなく、「富士山」と「海」というモチーフを取り入れる・・・なんとも難しいリクエストではありましたが、それらを具象的に形として表現することはせず、抽象化したものとして靴に込めるというアプローチで靴に仕上げました。

例えば「海」は、その深淵な青さを、「ソールのフィドルバック部分の青く陰影をもたせたハーフペイント」、「ネイビーブルーのライニング」、「グレーのアッパーに施したネイビーブルーのポリッシュ」で表現し、北斎の絵で表現された荒々しい波を、「ピークを持たせたヒールカウンター」に込めてみました。

そうして出来上がった靴はそのフィッティングとともに大変ご満足いただくことができました。アッパーと同素材で制作させていただいたベルトとともに、ホノルルの街をこの靴で歩いている姿が浮かんできます。履き手だけが知る靴に込めたこだわりと遊び心を胸に。

さて、残るお題である「富士山」・・・どこにどう表現したかおわかりでしょうか?

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/グレイ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈An unexpected request. 〉

 

Allow us to introduce a pair of loafers ordered by a Japanese-American customer who lives in Honolulu, Hawaii. He loves shoes and found us on the internet. He intended to place a bespoke shoe order with us since he visits Japan on business regularly. To match his lifestyle in Hawaii, where it’s almost always summer, he had an idea for loafers even though this was his first order from us. After discussing the details of the order, he chose our original style center seam saddle loafers. He requested interesting details like a beveled waist and fiddle back sole for his loafers. Then, finally, he added an unexpected request. He gave us two keywords “Mt. Fuji” and “The Ocean” as a motif for his loafers. This is because he loves Hokusai, one of the most famous artists of the Ukiyoe art style, and he loves Mt. Fuji and the view of the ocean that are the representative motifs of Hokusai’s Ukiyoe. So he wanted us to introduce something related to these two keywords into his loafers. It would not be easy for us to realize his request literally without greatly changing the design of the center seam saddle loafer, so an approach to the task we did it not by expressing the exact images of these motifs, but instead by converting them into abstract ideas to be able to put into the loafers.

For example, we converted "The Ocean” into a deep blue color, and introduced this idea into the fiddle back with a shade of blue, into the quarter linings with navy blue leather, and with a navy blue polish on the gray uppers. Also, we used the peaked counter as an expression of the turbulent waves such as those drawn on the Hokusai’s Ukiyoe.

He was very happy with the result as well as the fitting of the loafers. I can imagine he enjoys his loafers in Honolulu, wearing a matching gray leather belt from us, with the story behind them and a sense of fun in his mind.

By the way, can you find the small detail that we put into the loafers as an expression of the other Mt. Fuji motif?

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Gray, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 


大阪府 H.I.様

〈こだわりのリクエスト、試される力量〉

 

今回ご紹介するブーツは常連のお客様からオーダーいただきました。ビスポークで靴をつくることを選ばれたのは、ご自身の足が大変細く、既製靴では合うものがないという理由からですが、今では様々なつくり手にオーダーされていて、ビスポーク経験豊富なお客様です。ご自身の中でつくりたい靴がはっきりとされていて、ご来店時にはデザインのディテールから細かな仕様に至るまでイメージを固められています。そのアイデアをいかに具現化するか、私たちの力量が試されるところです。いただいたリクエストを整理し、それらが最適なバランスで収まるよう細かな検討を重ねます。必要があれば細部のサンプルをつくり、お客様とイメージを共有しながらすすめ、一足の靴が完成します。

今回は、そんなお客様にとっても初めてとなるというブーツのオーダーをいただきました。HIRO YANAGIMACHIの得意とするギリースタイルをブーツに応用したもので、突出した存在感はやはりリクエストいただいたディテールによるものです。ダークグレイの革に施された細かな穴飾りの両脇を挟むステッチはすべてダブルステッチ。つま先だけでなくヒールからも有機的なラインを描くメダリオン。フィドルドバックを伴った、ピッチの細かいステッチのソール。つくり手である私たちもリクエストをいただかないとなかなかつくることのできない、見どころ満載の一足に仕上がりました。

つかい手の思いを形にするというのが私たちの仕事の大事な役割のひとつですが、こういったチャレンジングな仕事はつくり手の引き出しを増やしてくれ、その思いを形にできたとき、つくり手としてまたひとつ成長させてくれます。次はどんなリクエストがいただけるのか、期待と少しの不安を胸に楽しみにしています。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/グレイ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈An elaborate request. Showing the maker's ability. 〉

 

The customer who ordered these boots is one of our regular repeat customers. The reason he chose to make bespoke shoes at first was because of his feet's features. He couldn't find an exact fitting among ready to wear shoes for his very narrow feet. Now, he has a lot of experiences ordering bespoke shoes because he has ordered shoes from various shoemakers. He knows the shoes that he wants to make, and he had already decided the details of this shoe from design to specification when he visited us. For a shoemaker, it is the time to show the ability of being able to embody those ideas. We start by organizing the request and researching and examining carefully to arrange them into the best balance. If necessary, we make trial samples of the details to share the image with the customer. And then, we finish making a pair of shoes.

This time, he ordered a pair of boots from us. He said it was first time to order bespoke boots. The design he requested was oxford boots in gillie style that is HIRO YANAGIMACHI's specialized style. The prominent presence you may feel from these boots is from the elaborate details of his requests. Namely, the very fine broguing on the dark gray calf leather, the stitches following the broguing on both sides that are all double stitched, the medallions with organic lines that are not only on the toes but also the heel counters, and the fine pitch of the sole stitching with a fiddled back. We shoemakers do not get a chance without this kind of request to make such shoes or boots with highlights like these.

It is one of our important role to embody a customer's wish. And this kind of challenging work increases a maker's experience. We can develop our skills when we realize a customer's wish. We look forward to hearing his ideas for his next pairs that might make us a bit nervous. 

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Gray, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

  • 2020.05.26 Tuesday
  • Boots

| 1/39PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop