HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

東京都 T. S. 様

〈同級生が結ぶ縁〉

 

今回ご紹介するこちらの3アイレットダービーは、ワールドフットウェアギャラリーにて行ったトランクショーでオーダーいただいたものです。

ご夫婦でご来店いただいたお客様、実は奥様はスタッフの一人と同じ高校の同級生。奥様から事前にご主人が、本格的な革靴を購入したことをきっかけにその魅力に引き込まれ、お仕事で昇進が決まったことを契機に、オーダーで靴を作りたいと考えているとスタッフに相談がありました。そのため、間近に予定していたワールドフットウェアギャラリーでのトランクショーをご案内、ご来店いただいた次第です。

足にフィットした靴を得るためにはビスポークも検討していたとのことですが、フィッティングサンプルを履いていただくとそのフィット感に驚かれている様子で、木型の修正をすることなく、オーダーいただくことができました。

出来上がった靴はダークブラウンの深い色合いとベベルドウエストソールでシックにまとめ上げられ、その履き心地とともに大変ご満足いただきました。ヒールもシームレス仕様で、日頃から靴のお手入れも楽しまれているというお客様にとって、磨き甲斐のある一足になったのではないかと思います。また、奥様にはこの機会を通じて、高校の同級生であったスタッフの仕事や手による靴作りをご紹介することができ、大変嬉しく思います。

今後、この靴がお二人の人生の場面々々を彩る一足になることを願っております。

 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The order brought through a classmate.〉

 

Allow us to introduce these 3-eyelet derby shoes that were ordered during our past trunk show at World Footwear Gallery.

The customer visited us with his wife, who was a high school classmate of one of our staff. He came to like leather shoes very much because of a pair of classic leather shoes he had bought recently. He was going to be promoted at work soon, so he wanted to commemorate the event with a pair of order made shoes. His wife got in touch with our staff member about our shoes and we told her about the trunk show at World Footwear Gallery that was going to be held soon.

He considered placing a bespoke order to get shoes that would fit extremely well, but once he put on our fitting sample shoes he was surprised at how well they fit and placed a shoe order by MTO.

He was very happy with the final shoes that turned out quite chic because of the deep dark brown color and the beveled waist sole. I know he likes to keep the shoes clean and I hope he will enjoy polishing them with their seamless heels. We are very glad that we were able to present the work of the high school classmate and handmade shoemaking to his wife, too.

We hope this 3-eyelet derby will help to make various events in their life a little happier.

 

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Dark brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


USA Mr. J. Y.

〈意外なリクエスト〉

 

今回ご紹介するローファーはハワイ・ホノルル在住の日系アメリカ人のお客様よりオーダーいただきました。靴が好きで、私達のことはネットで調べ知ったとのこと。日本へはお仕事で定期的にいらっしゃることもあり、ビスポークを前提にご来店いただきました。常夏のハワイという土地柄、初回のオーダーではありますがローファーをご検討され、結果、HIRO YANAGIMACHI オリジナルのセンターシームサドルデザインをご指名いただきました。アッパーにグレーを、ソールにはベベルドウエスト&フィドルバックというこだわりの仕様をお決めいただいた後、最後にお客様よりいただいたリクエストは実に意外なものでした。それは、「富士山」と「海」というモチーフを靴のどこかに入れて欲しいということ。話を伺ってみると、実は「北斎」が大変お好きとのことで、そのため、その浮世絵に度々描かれ魅了された「富士山」と「海」というモチーフを、これからつくる初めてのビスポークシューズにも取り入れたいとのことでした。

センターシームサドルローファーのデザインの基本を崩すことなく、「富士山」と「海」というモチーフを取り入れる・・・なんとも難しいリクエストではありましたが、それらを具象的に形として表現することはせず、抽象化したものとして靴に込めるというアプローチで靴に仕上げました。

例えば「海」は、その深淵な青さを、「ソールのフィドルバック部分の青く陰影をもたせたハーフペイント」、「ネイビーブルーのライニング」、「グレーのアッパーに施したネイビーブルーのポリッシュ」で表現し、北斎の絵で表現された荒々しい波を、「ピークを持たせたヒールカウンター」に込めてみました。

そうして出来上がった靴はそのフィッティングとともに大変ご満足いただくことができました。アッパーと同素材で制作させていただいたベルトとともに、ホノルルの街をこの靴で歩いている姿が浮かんできます。履き手だけが知る靴に込めたこだわりと遊び心を胸に。

さて、残るお題である「富士山」・・・どこにどう表現したかおわかりでしょうか?

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/グレイ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈An unexpected request. 〉

 

Allow us to introduce a pair of loafers ordered by a Japanese-American customer who lives in Honolulu, Hawaii. He loves shoes and found us on the internet. He intended to place a bespoke shoe order with us since he visits Japan on business regularly. To match his lifestyle in Hawaii, where it’s almost always summer, he had an idea for loafers even though this was his first order from us. After discussing the details of the order, he chose our original style center seam saddle loafers. He requested interesting details like a beveled waist and fiddle back sole for his loafers. Then, finally, he added an unexpected request. He gave us two keywords “Mt. Fuji” and “The Ocean” as a motif for his loafers. This is because he loves Hokusai, one of the most famous artists of the Ukiyoe art style, and he loves Mt. Fuji and the view of the ocean that are the representative motifs of Hokusai’s Ukiyoe. So he wanted us to introduce something related to these two keywords into his loafers. It would not be easy for us to realize his request literally without greatly changing the design of the center seam saddle loafer, so an approach to the task we did it not by expressing the exact images of these motifs, but instead by converting them into abstract ideas to be able to put into the loafers.

For example, we converted "The Ocean” into a deep blue color, and introduced this idea into the fiddle back with a shade of blue, into the quarter linings with navy blue leather, and with a navy blue polish on the gray uppers. Also, we used the peaked counter as an expression of the turbulent waves such as those drawn on the Hokusai’s Ukiyoe.

He was very happy with the result as well as the fitting of the loafers. I can imagine he enjoys his loafers in Honolulu, wearing a matching gray leather belt from us, with the story behind them and a sense of fun in his mind.

By the way, can you find the small detail that we put into the loafers as an expression of the other Mt. Fuji motif?

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Gray, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 


大阪府 H.I.様

〈こだわりのリクエスト、試される力量〉

 

今回ご紹介するブーツは常連のお客様からオーダーいただきました。ビスポークで靴をつくることを選ばれたのは、ご自身の足が大変細く、既製靴では合うものがないという理由からですが、今では様々なつくり手にオーダーされていて、ビスポーク経験豊富なお客様です。ご自身の中でつくりたい靴がはっきりとされていて、ご来店時にはデザインのディテールから細かな仕様に至るまでイメージを固められています。そのアイデアをいかに具現化するか、私たちの力量が試されるところです。いただいたリクエストを整理し、それらが最適なバランスで収まるよう細かな検討を重ねます。必要があれば細部のサンプルをつくり、お客様とイメージを共有しながらすすめ、一足の靴が完成します。

今回は、そんなお客様にとっても初めてとなるというブーツのオーダーをいただきました。HIRO YANAGIMACHIの得意とするギリースタイルをブーツに応用したもので、突出した存在感はやはりリクエストいただいたディテールによるものです。ダークグレイの革に施された細かな穴飾りの両脇を挟むステッチはすべてダブルステッチ。つま先だけでなくヒールからも有機的なラインを描くメダリオン。フィドルドバックを伴った、ピッチの細かいステッチのソール。つくり手である私たちもリクエストをいただかないとなかなかつくることのできない、見どころ満載の一足に仕上がりました。

つかい手の思いを形にするというのが私たちの仕事の大事な役割のひとつですが、こういったチャレンジングな仕事はつくり手の引き出しを増やしてくれ、その思いを形にできたとき、つくり手としてまたひとつ成長させてくれます。次はどんなリクエストがいただけるのか、期待と少しの不安を胸に楽しみにしています。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/グレイ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈An elaborate request. Showing the maker's ability. 〉

 

The customer who ordered these boots is one of our regular repeat customers. The reason he chose to make bespoke shoes at first was because of his feet's features. He couldn't find an exact fitting among ready to wear shoes for his very narrow feet. Now, he has a lot of experiences ordering bespoke shoes because he has ordered shoes from various shoemakers. He knows the shoes that he wants to make, and he had already decided the details of this shoe from design to specification when he visited us. For a shoemaker, it is the time to show the ability of being able to embody those ideas. We start by organizing the request and researching and examining carefully to arrange them into the best balance. If necessary, we make trial samples of the details to share the image with the customer. And then, we finish making a pair of shoes.

This time, he ordered a pair of boots from us. He said it was first time to order bespoke boots. The design he requested was oxford boots in gillie style that is HIRO YANAGIMACHI's specialized style. The prominent presence you may feel from these boots is from the elaborate details of his requests. Namely, the very fine broguing on the dark gray calf leather, the stitches following the broguing on both sides that are all double stitched, the medallions with organic lines that are not only on the toes but also the heel counters, and the fine pitch of the sole stitching with a fiddled back. We shoemakers do not get a chance without this kind of request to make such shoes or boots with highlights like these.

It is one of our important role to embody a customer's wish. And this kind of challenging work increases a maker's experience. We can develop our skills when we realize a customer's wish. We look forward to hearing his ideas for his next pairs that might make us a bit nervous. 

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Gray, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

  • 2020.05.26 Tuesday
  • Boots

Hong Kong Mr. M.S.

〈The shoe geek.〉

 

シンプルでありながら、こだわりのディテールを持つブーツをオーダーいただいたのは、自他共に認める靴好きで、ご自身でもお店を開いている香港からのお客様です。お仕事でもプライベートでも日本のシューメーカーと関わりがあり、お若いながら靴への理解が大変深い方です。オーダー歴も豊富なため、ご自身の足のこと、好みのスタイルを熟知されていました。 私たちに最初にリクエストいただいたのはシューズではなく、ブーツ。さらにはご自身にとってもブーツのオーダーは初めてとのこと。シューメーカーにとってシューズのフィッティングを確認せずにブーツをおつくりするというのは通常よりもハードルの高い仕事となります。それはオーナーにとっても同じであり、オーダー経験豊富なこちらのお客様としてはそのことも踏まえてのオーダーであったと思います。そこにお客様が私たちに寄せる信頼や期待を感じ、ブーツのオーダーをお受けすることを決めました。 オーダーいただいたのは、HIRO YANAGIMACHIの代表的なスタイルのひとつであるスプリットトウをブーツにアレンジしたもの。一見シンプルなようですが、モカからタンにかけて、またボディーの大きなパーツをそれぞれ接ぎのない構成とし、革を贅沢に使っています。 完成したブーツは、そうしたディテールが故の独特の迫力があり、ご本人にはフィッティングも含め大変気に入っていただきました。SNSでご自身のコーディネートを発信されているお客様ですが、その中でこちらのブーツのご愛用の様子を伺うことができ大変光栄です。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:スクエアウエスト

 

〈The shoe geek.〉

 

The owner of this pair of boots that looks simple but also has elaborate details, is recognized as a shoe geek, and he has his own shop in Hong Kong. He has connection with Japanese shoemaker at work and in private, and he has deep appreciation for shoes though he is young. Also he has so much experience of ordering shoes that he know his feet and preference style. He requested us boots for his first order from us. In addition, he said it was first time for him to order a pair of boots through out his order experience. For shoemaker, it is a big hurdle to make boots without checking shoes' fitting. Also for owner, it is the same. We thought he understood this because of his experience but he requested it of us considering this. Because we felt his trust and expectation for us in this situation, we decided to receive his first boots order. He ordered a pair of boots based on one of our popular style "split toe derby shoes. They looks simple in one sight, but they were made using unstinting upper leather since there are no seam from apron to tongue, and big body parts. The finished boots looked impressive because of those details. He liked them very much including their fitting. We are very honored when we see the way he wear them on his social media where he shows his coordinate.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Medium Brown, Sole : Square waist

 

 

 

 

  • 2020.04.10 Friday
  • Boots

東京都 M.O.様

〈心に像を結ぶ、”感じる”力〉

 

今回ご紹介するのは、目が見えないというハンデキャップをものともせず弁護士としてエネルギッシュに活躍されているお客様です。オーダーの際に印象的だったのは、見えているようにモデルを選ばれていたこと。ご本人の中に「スタイル」があり、それをご自身が理解されていて、それに合うものを手から伝わる感触で判断されているようでした。選ばれたのはダークブラウンの革に穴飾りを施したアデレードにラバーソールの組み合わせ。お客様のご職業やパーソナリティーにマッチした一足に仕上がりました。 先日、こちらの1足目をじっくりと履き込まれたタイミングで、2足目のオーダーをいただきました。弁護士としての活躍の場を広げられた今、ご自身の足元を支え、同時によりご自身を表現するものという思いを込められてのオーダーでした。靴の履き心地はもちろん、足を通して”感じられた”この靴の「スタイル」がお客様のお気持ちやお仕事の場面にフィットしていると評価していただけたものと大変光栄に感じました。 私たちが掲げている靴作りのフィロソフィーの1つに、「大切なものはいつも目には見えない」というものがあります。靴という目に見えるものをつくってはいますが、それを形作るのはつくり手の心の有り様であり、使い手の気持ちである。そういった「目に見えないもの」を大切にして手を動かしていきたいという思いです。しかしそれは見えるからこそ、見えるものに惑わされてしまうということが前提にあります。こちらのお客様は見えないけれど、指で靴の形を感じ取り、足元にそれが収まったときにどう見えるかということに気を配られていました。お客様には確かに”靴”というものが見えていて、それがご自身の生活、ひいては人生を彩る様が見えているのだなと感じました。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ラバーソール

 

〈”Feeling" creates an image in the heart.〉

 

Allow us to introduce our customer who is active as a lawyer although he is blind. It was impressive for us that he chose the model of shoe as if he could see them. We felt he knew his own "style" and he judged if they were a good match or not by touch. He chose brogued adelaide shoes with rubber soles in dark brown. They were finished to match his profession and personality. Recently, he ordered his second pair from us after he had broken in his first pair. His new order contained a wish for supporting his feet and expressing his character more than the previous shoes. We thought he judged through his feet the "style" of this first pair, not to mention their fitting, and how they fit his feelings and professional situation. That was a great honor for us. It is part of our shoemaking philosophy that "What is essential is invisible to the eye". It means, though we make shoes that are visible to the eye, they are made from the maker's spirit and the customer's feelings. We want to make shoes that value those invisible things. Sometimes we are deceived by visible things because we can see them. He can not see, but he can feel the form of the shoe through touch and he was attentive to how they look when he wears them. We felt that surely he saw "shoes" and knew how they colored his life.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Rubber sole

 

 

 

 


| 1/39PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop