HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

新潟県 G.K.様

〈ワインレッドの3アイレットを足元に〉

 

自分の足にフィットしている靴とはどのようなものか知りたい、と常々思われていたという今回のお客様。その足は細く柔らか、そしてアーチが高い、と一見して既成靴ではフィットしにくいことが予想できるものでした。以前から私たちのことはご存知だったそうですが、鞄をオーダーされていた藤井鞄さんからのご紹介もあり、ワークショップへご来店、オーダーをいただくこととなりました。選ばれたスタイルは、3アイレットのダービー。履き心地はもちろん、明るいバーガンディー色や、シームレスカウンター等こだわりがのつまった一足はお客様に大変喜んでいただけました。

こちらのお客様、毎回奥様とご来店されていたのですが、奥様も靴のオーダーに興味をもたれ、こちらでオーダーはできないかとご相談いただきました。パンプスをご希望でしたので残念ながら私たちではお力になれず、つながりのある婦人靴のつくり手をご紹介し、後日完成した靴に大変喜んでおられると伺いました。

いつもご夫婦揃っての行動、それだけでも素敵ですが、そうすることでお二人が時間や空間以上のものを共有されているようで、羨ましく拝見しました。そんなお二人に、つくり手のつながりを通じて関わることができ、私たちも嬉しく思いました。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/バーガンディー、ソール:ベベルドウエスト

 

〈3 eyelet shoes in wine red color at the feet.〉

 

When we first saw this customer's feet, we could understand why he really wanted to know what type of shoes would fit his feet well. With his soft, narrow feet and high arches it would definitely seem difficult to find good fitting readymade shoes. He knew of us from before, but he was introduced to us by the bespoke bag maker “fugee”, where he was ordering a bag. Through this introduction he came to our workshop and ordered from us. He chose a 3-eyelet derby shoe. He liked the fitting very much as well as the style in a bright burgundy color with a seamless counter.

When he visited us, he always came with his wife and she also became interested in ordering shoes as well. They asked us to make shoes for her, but we weren’t able to do that because she wanted pumps. But we were able to introduce her to a lady’s shoe maker that we know. She also likes her bespoke shoes very much.

We thought this couple seems to share something special together through this kind of activity together, and we were also very pleased to be part of this connection with other makers through them.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Burgundy, Sole/Beveled waist

 

 

 

 


東京都 T. K. 様

〈寄り添うこと、彩りを与える〉

 

プレーントゥのレイジーマンスタイルをラバーソールで。それほど迷うことなくこちらのスタイルを選ばれたのは、十年ぶりにご来店いただいたお客様でした。伺うと、以前に比べ堅い服装をすることが少なくなり、そうした時の足元に見合うものをと、このスタイルを選ばれたようです。変わらずにご愛用いただいているというこれまでおつくりした靴の履き心地と雰囲気は残したまま、スタイルや素材を少し変更することでお客様の足元に新たな彩りを添える一足となりました。

ビスポークの靴というと、フォーマルなドレスシューズをつくるというイメージがあるかもしれませんが、その本質はスタイルではなくお客様一人一人に合わせてつくるということ。私たちは、お客様の足に合うことはもちろん、気持ちに合っていることも大切な要素であると感じています。長くお客様とお付き合いさせていただく中で、また時代の流れを受けて、お客様の生活スタイルが変化することは当然といえます。つくり手の使命は、そうした変化を受け止め、その時々のお客様の気持ちに寄り添ったご提案ができること。私たちは、スタイルや素材、ディテールを工夫し、またそれらに柔軟に対応できる技術を磨いて、お応えしています。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ラバーソール

 

〈Shoes to fit a changing lifestyle.〉

 

Plain toe Lazy Man style with rubber sole. The customer who chose this style visited our workshop for the first time in 10 years. He said he didn't wear formal clothes as often as before. He chose this style to match his clothes for the days he wears less formal clothes. Of course, he likes his shoes that he had made by us before very much. So we made his new pair with some slight changes in style and materials while retaining the good fit and atmosphere of his previous shoes. Now he has a new pair to match his current way of being.

 

Some people may think when people order bespoke shoes, it must be dress shoes. But the essence of ordering by bespoke is not the style, but the best fit for each customer. We think it is very important to fit not only the customer’s foot but also his feelings. It is natural that a person’s lifestyle changes with the times. Our mission is to accommodate those changes and make a suggestion that is considerate of the customer's feelings. We strive to achieve the customer's wishes by suggesting styles, materials and details and also improving our skills to be able to accommodate those changes.

 

Last : full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Rubber sole

 

 

 

 

 


Singapore Mr.K.C./ Mr.L.K.J./ Mr.L.L./ Mr.J. W.

〈新たなファッションの熱を帯びる、シンガポール〉

 

前回に引き続き、トランクショーでオーダーいただいた靴のご紹介、今回はシンガポールです。シンガポールは赤道付近に位置し一年を通して雨の多い高温多湿の国である一方、金融業を中心にオフィスワーカーが多く、スーツや革靴などのしっかりとした装いも必要とされています。ファッションに関しては、ラグジュアリーブランドの人気が高いそうですが、近年若い世代を中心に個性や独自性を表現するファッションが注目され、そうしたコンセプトを打ち出すお店が増えています。その一つであるL.C.viaからSNSを通じて声がかかり、トランクショーを開催させていただくこととなりました。 シンガポールはもともと多民族国家ですが、ビジネスで訪れている欧米の方も多くインターナショナルな国です。様々な人、文化が混在しながらも、それぞれ尊重しあい調和のとれた国の秘訣でしょうか、人々がとても穏やかで丁寧な印象を受けました。トランクショーの際には、ホストの方々の心からのおもてなしがとても心地よく、それはゲストの方々ばかりか私たちに対しても同じでした。実はホストの方々は年齢が若いのですが、そうしたこともあり短い滞在期間にも関わらず信頼関係を築くことができ、今後も共に成長していくことを誓い合いました。私たちの靴をそれを望む人のもとへ届けられるのも、人と人との繋がり、信頼があってのこと、この素晴らしい出会いに感謝し、その期待に応えられるようなものづくりをしていこうと気持ちを新たにしました。写真は、シンガポールでのオーダーの中から、クラシックからレザースニーカーまでとテイストの違う4足のご紹介です。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/バーガンディ、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:ベースラスト/チゼル、アッパー:フレンチカーフ/ネイビー、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:ベースラスト/ラウンド 、アッパー:イングリッシュカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ラバーソール

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈 New tropical zone of fashion, Singapore.〉

 

We will introduce shoes ordered at our overseas trunk shows held last year(2016). First up, Singapore. Singapore has a lot of rain and is hot and humid all year round because it is located on the equator. Despite this climate, a good amount of people who work in finance or similar professions need to wear formal clothes such as suits and leather shoes. With regards to fashion, many people like luxury brands. But recently a new trend to express one's character or originality is also attracting the attention of a younger generation. And the shops promoting this kind of concept are increasing. L.C.via is one of these kind of shops that invited us through social media to hold a trunk show. Singapore is an international country because of its multiracial make-up. In addition, there are a lot of western people who live there or visit for business. People living there seem calm and polite. We think this is one of the keys to harmonizing with different people and cultures. During our trunk show, our host treated very kindly not only their guests but also us. That helped us to built a relationship of trust in spite of the short stay. Unless this relationship and trust exist, we can't deliver our shoes to people who want them. We appreciated this relationship and turned over a new leaf making shoes to live up to their expectations. The following photos are 4 pairs of shoes in different tastes from classical style to leather sneaker ordered by customers in Singapore.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Burgundy, Sole : Beveled waist

Last : Base last/Chisel toe, Upper : French calf/Navy Blue, Sole : Beveled waist

Last : Base last/Round toe, Upper : British calf/Midium Brown, Sole : Rubber sole

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017.10.04 Wednesday
  • -

U.S.A   Mr.S.T. /Mr.A.F./ Mr.D.S./ Mr.S.F.

〈個性を表現するニューヨーク〉

 

昨年2016年から始まった海外でのトランクショー。その記念すべき第一回目はニューヨークでの開催でした。その後いくつかの国でトランクショーを行いましたが、靴の趣向においてもお国柄があるようで、各国の文化、気候、風土を背景とした靴や装いに対する考え方の違いを感じることができました。今回ご紹介するニューヨークでのトランクショーは、Leffotという靴のセレクトショップで開催させていただきました。靴好きが集まるこちらのお店は、お客様のオーナーに対する信頼が厚く、その魅力に惹かれてニューヨーク近郊はもちろん全米からお客様が足を運ばれます。私たちのトランクショーの際には、テキサスからのお客様もいらっしゃいました。世界各地からあらゆるものが集まり、日々審美眼が磨かれる環境にあるニューヨークのお客様は、クラシックなもの、クオリティの高いものへの評価が高い一方で、オリジナリティーのある自分だけの一足を求める傾向が強く感じられました。その意味で靴をオーダーしてつくることにとてもアグレッシブです。そうした方々に、私たちのビスポークの経験に基づいた技術力と、クラシックに根ざした現代的なアプローチのスタイルがマッチし、大変好評いただきました。今回はその中から4点のご紹介です。どれもオーナーの個性やこだわりがはっきりと感じられ、つくっている私たちも楽しませていただきました。

 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:イタリアンスエード/ミディアムブラウン、ソール:スクエアウエスト

ラスト:ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:ブリティッシュスエード/ネイビー、ソール:ラバーソール

ラスト:ベースラスト/チゼル、アッパー:フレンチカーフ/バーガンディ、ブリティッシュスエード/ベージュ、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ネイビー、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The one and only New York〉

 

Our overseas trunk shows started last year in 2016. The very first trunk show was held in New York. We held them in several countries after that, and we realized that there were differences in the way shoe styles were chosen depending on the country. We think that the style of shoe and how people dress comes from the culture, weather and climate. The trunk show in New York, which we will introduce this time, was held at the well-known shoe store Leffot. This store is very popular among shoe lovers because of the owner Steven who brings in customers not only from New York but from all over America. One of the customers visited from Texas during our trunk show. New York is the place where people can select from many many things. People should brush up their sense of beauty and choose the best things for them. The customers here know what is classic and what is good quality. On the other hand they have also a strong desire to get their own unique shoes. They are very positive about ordering their own shoes for this reason. Because our skills are based on much experience of bespoke shoemaking and modern styles based on classic were a good match for such kind of customers, our trunk show was a great draw. The following photos are 4 pair of shoes ordered by customers in New York. We enjoyed making them because we could clearly feel the character and taste of each of their owners.

 

Last : Base last/Round toe, Upper : Italian suede/Midium Brown, Sole : Square sole

Last : Base last/Round toe, Upper : British suede/Navy blue, Sole : Rubber sole

Last : Base last/Chisel toe, Upper : French calf/Burgundy, British suede/Beige, Sole : Beveled waist

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Navy blue, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017.09.06 Wednesday
  • -

東京 T.Y.様

〈引き継がれる思い〉

 

こちらの靴のオーナーは弱冠二十歳。その若さで、革靴ばかりかオーダーにまで興味を持たれたこと自体珍しいことですが、きっかけとなったのは、身内の方の形見分けとして手にした40年前の革靴でした。40年も前の靴が履けることにまず驚き、また実際に履いていくうちに革靴の良さを感じられたそうです。そこで自分でも革靴を探し始めたところ、履き心地などなかなか満足のいくものに出会えなかったと言います。普通はそこで止まってしまうところを、オーダーにまで至った、そこに靴を残された方の思いを感じずにはいられません。40年経っても履けるということは、オーナーがその靴をコンディションの良い状態に保って、大切にされていたということ。使い捨てではなく、長く愛着を持つ、というものとの関わり方に、このお客様の心を動かすものがあったよう思います。若いお客様が選ばれたのは、アメリカンテイストで、カジュアルにも履くことのできるプレーンなダービー。新たな靴のオーナーの誕生に、靴を残された身内の方も、喜ばれているのではないでしょうか。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:ジャーマンカーフ/ブラック、ソール:ラバーソール

 

〈Passing on the Passion.〉

 

The owner of this pair is only 20 years old. It is very rare that a person this age is interested not only in leather shoes, but ordering shoes. What started his interest were some leather shoes from 40 years before which were given to him as a remembrance of his relatives. He was surprised at the fact that those shoes could be put on even now, and also he realized the good points of leather shoes when he wore them. So he started searching for his own leather shoes, but he couldn't find the perfect one for him regarding fitting and so on. Most people may stop searching at this point. We think his relatives’ passion for their shoes led him to order his own shoes. These shoes from 40 years ago can be worn because their owner had kept them in good condition. It means the owner was attached to his shoes and used them for long time. We think this customer was impressed with this relationship between his relative and his shoes. This young customer chose American-style plain derby that suits his casual style. His relatives can be pleased at the birth of a new shoes owner.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : German calf/Black, Sole : Rubber sole

 

 

 

 

 

 


| 1/33PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop