HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

福島県 D.F.様

〈新たなスタートを、心地よい一足とともに〉

 

2足目のオーダーとなったこちらのお客様、制作前に、お渡しから少し時間をかけて履き込んでこられた1足目のフィードバックをしていただきました。お客様の足は形としての複雑さがあり、同時に体調による変化が大きく、難易度の高い足でしたので、いただいたフィードバックが2足目を作る上でとても参考になりました。

そして完成したのが、こちらの黒のセミブローグ。お気に入りのスタイルを、さらに快適なフィッティングとともにお渡しすることができました。

実はオーダーされたタイミングと前後して転職されたというお客様。新しい環境で、以前の靴はこれまで通りその足元を支え、こちらの新しい靴は共にスタートを切った同志として、お客様と共に力強く、ときには軽快に歩みを進めていってほしいと願っています。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Make a new start with comfortable shoes.〉

 

This customer ordered this pair of shoes for his 2nd pair from us. He gave us feedback about his 1st pair because he had worn them enough time to tell us about them. His feet have very difficult features because they have a complicated shape and they also change a good bit depending on his physical condition. His feedback was very useful information for making his 2nd pair and we were able to make these semibrogue shoes in black color that is his favorite style, with a more comfortable fitting.

Actually, he said that he had changed his job at about the same time as he ordered this pair of shoes. We hope our shoes can provide some support to him in his new role and new place.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


東京都 R.A.様

〈人を迎える靴、会話をもたらす靴〉

 

こちらは、私達の知人の紹介でご来店いただいたお客様の一足です。会社の社長をされていて、そちらの社員である私達の知人からハンドメイドの靴づくりがあることや、靴をオーダーできることを聞かれ、興味を持たれたそうです。これまで特別靴にお困りであったわけではないそうですが、次の入社式にしっかりとした靴を履いて新入社員を迎えたい、という思いもあり縁あってオーダーいただくこととなりました。

選ばれたのはダークブラウンのアデレードスタイル。エレガントで、フォーマルな場に相応しいスタイルですが、ソール面にラバーをつけることで普段使いもしていただける仕様になっています。

紹介していただいた知人とは度々合う機会があるのですが、その際にこちらのお客様が普段この靴を履かれている様子を伺うことがあります。おつくりした靴がきっかけとなり会話が弾んでいることを伺い知ることができると同時に、靴という共通言語があることで、会社の中での立場の違いにかかわらず良いコミュニケーションが生まれていることを嬉しく思っています。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ラバーソール

 

〈Where there's a shoe there's a conversation.〉

 

This customer visited us because our friend introduced us to him. He is the president of a company where she works. Her introduction about handmade shoes or ordering shoes made him interested in us. He didn't have serious problems with shoes, but he ordered a pair of shoes from us because he wanted to put on a proper shoe to welcome new staff members at the welcome ceremony.

He chose an adelaide style in a dark brown color. This style is elegant and formal that is suitable for that kind of ceremony. But they also can be used in daily life because of the half rubber sole specification.

We often meet our friend and sometimes she tells us how he wears these shoes everyday. We can know that these shoes make chances for them to have a nice conversation. And it is a pleasure for us that they have good communication regardless of their different positions in the company because of shoes as a common interest.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Rubber sole

 

 

 

 


東京都 K.S.様

〈新天地をともに歩む靴〉

 

一見してビスポークになることが伺える難しい足をお持ちの今回のお客様。ご本人も常々靴が合わないというストレスを抱えてこられ、お仕事柄革靴を履いて歩くことも多く、これまで靴選びに大変苦労されてきたといいます。

まずはビジネスからフォーマルまで確実にお使いいただける黒のオックスフォードをご注文いただいたのですが、その1足目のフィッティングトライアルの途中で、お客様の海外赴任が決まり、続けて2足目もオーダーいただくこととなりました。そちらが、少し明るめのブラウンがカジュアルな印象の、ブラインドブローグ。2足とも赴任先への郵送となりましたが、フィッティングも含めて大変気に入っていただきました。

続けて2足のご注文となったのには、海外での駐在にあたり、ビジネスの場面にふさわしく、足元をしっかりと支えてくれる靴を携えて行きたいというお客様のお気持ちからであったと思います。おつくりしたこの2足が、慣れない海外での生活、文化や価値観が異なる中でのお仕事となるお客様にとり、無用な足元のストレスをなくし、むしろ足取りを軽快にしてくれるような存在となっていることを願います。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈A new start with new shoes.〉

 

This customers' feet were so difficult that he certainly needs bespoke shoes. He felt that no shoes fit his feet well. But he needed to have leather shoes and to walk in them very much for his professional life. Because of this, he experienced a lot of difficulties with finding good fitting shoes.

He chose black oxford shoes for his first pair from us. They definitely can be used on business as well as formal occasions. Before he received this first pair from us, he decided to already order his next pair because he was going to be transferring overseas soon. The second pair was a pair of blind brogue shoes. The bright brown colored leather added a casual feel to the shoes. We could not hand these two pairs to him in person, but we heard from him that he liked them very much including the fitting after he received them overseas.

We think he ordered these two pairs of shoes at once because he wanted to bring good fitting shoes to business occasions and for his transfer overseas. We hope these two pairs remove unnecessary stress from his walking. Furthermore, we hope they ease his way into his new life and work overseas.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Beveled waist

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


U.S.A. Mr.@stylejournaldaily

〈靴に託したつくり手の思い、言葉に載せられた使い手の思い〉

 

シカゴでのトランクショーにお越しいただいた今回のお客様は、@stylejournaldailyというインスタグラムのアカウント名でご自身のファッションやコーディネートを発信し、たくさんのフォロワーに支持されている方です。その投稿を拝見すると、服やものに対する愛情に溢れていると同時に、フォロワーの方々との親密なコミュニケーションから、そのお人柄が伺えます。

既成靴のフィッティングにそれほど不満はないとのことでしたが、拝見すると少し難しい足をお持ちで、そこから生じるフィッティングの問題を指摘すると納得され、モディファイドオーダーでの対応となりました。 完成したのは、アッパー素材やソール仕様と相まって、エレガントに仕上がったアデレード。その表情はもちろん、お客様の足に合わせた履き心地をとても気に入っていただいていることは、お客様のインスタグラムからも伺い知ることができます。度々ご紹介いただいている投稿の中で、素敵なコーディネートとともに綴られているのは、この靴に対するお客様の思い。その中でもこの靴への愛着の理由を、"…because it was made for me…”と表現されているのですが、それはまさに私たちの心情でもあります。単に靴をつくっているのではなく、一人のお客様に向けて、その足とお気持ちにフィットする靴をつくりたいという私たちの思い。それをお客様がしっかりと受け止め、そのことに魅力を感じていただけていることは大変光栄なことです。

来月には2足目の靴をお渡しする予定なのですが、こちらの靴もお渡しした後の様子を拝見できるのを楽しみにしています。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Feelings of the maker through shoes, feelings of the owner through words.〉

 

Allow me to introduce a customer who visited our trunk show in Chicago. He has a popular account on Instagram @stylejournaldaily posting his fashion and outfits. We can see his love for clothes and accessories, and we can also get to know his warm personality through his posts and his chats with his followers.

He said he had had some slight issues with the fit of ready made shoes in the past. In fact, we found he had some features of his feet that explained his problems with ready made shoe fittings. He understood them and decided to order by made-to-measure. These are his adelaide shoes. They are elegantly finished in museum calf with a fiddled back sole. We are able to tell he very much likes this pair including its fitting through his posts about them. He introduces his nice outfits and also his thoughts on this pair. For example, he expresses the reason he loves them is "...because it was made for me...". That is just what we think! We always think we want to make not just shoes, but shoes that fit the owner's foot and feeling. We are very pleased that he received our ideas and was attracted to them.

We are looking forward to seeing how he wears and introduces his next pair of shoes from us that we will deliver to him next month.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : Italian calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


U.S.A. Mr. A.F./Mr. S.D.

〈「偶然の一致」が意味するところ〉

 

今回ご紹介するのはニューヨークのトランクショーでオーダーいただいた4足の靴。といってもオーダーされたのはお二人のお客様です。そのお二人から2年連続、つまり2足ずつオーダーいただいたのですが、その2足がオーダー順も含めて同じモデルだったのです。お二人に面識があったわけではないのですが、2足目のオーダーの際にご一緒になり、そのシンクロの事実を知って意気投合されていました。一人目のお客様はアーティストの方で2足ともスエード素材を、もう一人のお客様はイタリアにルーツを持つという方で、2足ともスムース素材を選ばれました。お二人とも遊び心のあるユニークなスタイルがお好きで、印象的な色味を選ばれているところにも通じるところがあります。

全く面識のないお二人が、50を超えるモデルの中から2足連続で同じものを選ぶというのはすごい確率ですが、ものを選ぶ際には必ずその人のパーソナリティが反映されているもの。お二人の感性には共通するところがあると言えるのではないでしょうか。さらに選ばれたスタイルが2つともHIRO YANAGIMACHIオリジナルのいわば意欲作であるところに、つくり手である私達の感性にお二人が共感してくださったことを感じます。スタイルという目に見えるものを選んでいるようで、実は目に見えない考え方や感性への共感がそのスタイルを選ばせたというのは言いすぎでしょうか。ちなみにこのお二人、3足目にオーダーを考えていたのも同じモデルだと知り、話が盛り上がったのは言うまでもありません。

 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:ブリティッシュスエード/ネイビー、ソール:ラバーソール

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:ブリティッシュスエード/モスグリーン、ソール:スクエアウエスト

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ライトブラウン、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ネイビー、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Synchronicity.〉

 

We will introduce 4 pairs of shoes ordered at our trunk show in New York. These 4 pairs were actually ordered by 2 customers, and these 2 customers both ordered their shoes 2 times in a row. Both customers ordered the same model in the same order, completely by chance. They did not know each other before, but they immediately clicked when they met while ordering their second pair and were informed of this synchronicity. One customer is an artist and chose suede leather, and the other customer whose roots are in Italy chose smooth leather for his shoes. They both like unique and a bit playful style. Also they both prefer impressive colors.

There is a very low probability that 2 people who do not know each other would choose the same model 2 times in a row among more than 50 kinds of models that we offered. But when someone chooses something, their personality is reflected in their choice. We think these 2 customers have similarity sensibilities. And also we think they share something with our sensibility because they chose HIRO YANAGIMACHI's original style for both of their pairs. Perhaps it is not too much to say that the reason they chose these shoes has more to do with invisible things, like our way of thinking and our sensibilities, than with visible design. By the way, they were both excited to know that they plan to order the same model for their 3rd pair.

 

Last : Base last/Round toe, Upper : British suede/ Navy Blue, Sole : Rubber sole

Last : Base last/Round toe, Upper : British suede/ Moss Green, Sole : Square waist

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Light Brown, Sole : Beveled waist

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Navy Blue, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


| 1/17PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop