HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

兵庫県 Y.U.様 / Y.U.様

〈足元を支えるのは、父の想い〉

 

今回は、お父様とそのご子息、お二人の靴のご紹介です。まずは、スーツのオーダー経験があったお父様が、靴をつくるなら東京でと、かねてよりご存知であった当ワークショップにご来店されました。フィッティングの話やオーダーのプロセス等興味深く聞いていただき、オーダーすることをとても楽しんで下さったご様子のお父様。後日ご連絡いただき、お父様が興奮して話された靴のオーダーに、靴に苦労されていたご子息も興味を持たれたとのことで、今度はご子息の靴のオーダーのためお二人でご来店されました。こうして制作することとなった親子の靴。お父様は小さめの穴飾りがエレガントなアデレードを、仕事を始めて3年目というご子息は、基本となる黒のストレートチップを選ばれました。今回はお父様からのプレゼントとしてオーダーいただいたのですが、そこには親子で同じ価値観を共有できる喜びとともに、人生の先輩であるお父様からご子息へ激励の意味が込められているのではないかと感じました。様々な事が待ち受けているであろう今後の長い人生を、お父様からのプレゼントと共に歩んでいっていただけたらと思います。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Father's wish supporting son's feet.〉

 

We will introduce these two pairs of shoes ordered by a father and his son. At first, the father visited us to order his first pair. He had experience in ordering suits in his home town but he had decided to order in Tokyo if he ordered shoes. And he chose us because he had known about us since before. He was interested in our ideas about fitting and the order process, and he looked like he enjoyed his first order. Shortly afterward, he visited us again with his son to order his son's shoes. The son, who had had some troubles with shoes, took an interest after hearing his father talk about his own order excitedly. What this father ordered was the elegant adelaide style with small broguing. And the son , who started working 3 years ago, chose a basic black straight tip. Actually, this first pair for the son was a gift from the father. We think it was a pleasure for the father to share this experience with his son. And also it was a encouragement for the son from the father as a teacher of life. We hope the son will walk tall and proud in the future with this gift from the father.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Dark brown, Sole :Beveled waist

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


スウェーデン Mr. J.M. / Mr. F.H. / Mr. J.I. from Sweden

〈スウェーデンで注目される日本の靴づくり〉

 

今回ご紹介するのは、スウェーデンから別々にご来店いただいた3名のお客様の靴です。スウェーデンではこのところ、イギリスの影響を受けたクラシックなスタイルが若い方々を中心に人気で、靴もその例外ではなく、良いものを長く履きたいという考えで靴に興味を持っておられる方が多くいらっしゃいます。実はそうした方々に、日本の靴作りが大変注目されています。そこには日本人の細部へのこだわりや、クオリティーに対する考え方への共感があるのではないでしょうか。スウェーデンを含む北欧といえば、北欧家具を思い浮かべる方も多いと思いますが、その特性としてクオリティーの高さや、ただ伝統的なだけではないモダンなスタイルや洗練されたデザイン性があり、それはそのままスウェーデンの方の靴の嗜好に通ずるように感じます。

そのような流れの中、わざわざ遠い北欧からいらした3名がそれぞれオーダーされたのは、やはりクラシックで代表的なスタイル。長い雪の季節が終わりを告げ、そろそろこちらの靴の出番が来る頃でしょうか。

 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Sweden gazing at Japanese shoemakers.〉

 

Please let me introduce three customers who individually visited us all the way from Sweden. In Sweden, the classic fashion influenced by England is very popular especially among young people, and shoes are no exception. These people have interest in shoes because they want to wear good quality shoes for a long time. Actually, Japanese shoemakers are being watched with interest by such people. We think they feel sympathy for the Japanese attention to details and the way of thinking about quality. When people hear about Scandinavia, including Sweden, many people think about Scandinavian furniture. Scandinavian furniture has characteristics such as high quality, modern style and sophisticated design, and not just classic. We wonder if these characteristics are similar to the taste in shoes among Swedish shoe lovers.

Perhaps unsurprisingly, these customers also ordered classical and typical styles. Now may be the time to wear these shoes after a long snowy season.

 

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Dark brown, Sole : Beveled waist

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Medium brown, Sole : Beveled waist

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Medium brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 

 


ノルウェー Mr. S.R. / from Norway

〈海外への起点〉

 

今回は、ある日ノルウェーから来店されたお客様の一足です。日本語が堪能な彼は日本に留学経験があり、日本の靴づくりをとても評価してくれていました。実は彼はノルウェーにある靴のお店のスタッフで、お店で扱えるものはないかとご来店されたのです。大変な靴好きであり、職業柄様々なブランドの靴を履いた経験がある彼曰く、北欧の人らしい長身に相応しい大きなその足に、主要なブランドの靴はだいたいフィットするとのこと。一方私たちはちょうどその当時、欧米向けのラストの開発を検討していたところでした。そこで彼の足を測定させてもらい、その足型をヒントに新しいラストを開発することとなりました。そうして完成したラストが、今や海外4都市で開催しているトランクショーで好評をいただいているラストとなっています。言ってみれば彼の訪問が起点となって、現在の私達の活動の広がりを作ることができたのです。小さな点に過ぎなかったそれぞれの想いや背景が、絶妙なタイミングで繋がり、流れとなって、今では世界の多くのお客様に靴を届けることができている。後に、より意味を増してくるであろうこの事実に不思議な縁さえ感じています。そんな私たちにとってのキーマンが選んだモデルはHIRO YANAGIMACHIオリジナルの、フェイスにハンドステッチを施したホールカット、感謝の気持ちを持っておつくりしました。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The starting point of our overseas trunk show.〉

 

This pair of shoes was ordered by a customer who visited us from Norway one day. He could speak Japanese very well because he had studied in Japan, and he regarded Japanese shoemakers highly. In fact, he was a staff member of a shoe shop in Norway and he was searching for something to potentially stock at the store. He, as a man who loves shoes and had many experiences trying various brands of shoes due to the nature of his job, said almost all shoes from major brands fit his feet well regardless of his large feet. At the same time, we were thinking about making new lasts for western customers as up to this point we had been using our house last based on the Japanese foot. So we asked him if we could measure his feet and then we developed a new last using his measurements as reference points. This is the last we brought with us to our overseas trunk show held in 4 cities. His visit, so to speak, was the starting point of what we do now. On both sides there were wishes or desired things to do, along with similar backgrounds, and these points connected together miraculously and became something bigger. Now we can deliver our shoes to lots of people around the world. We feel very blessed that this will likely increase in importance in the future. Such a key person for us chose this HIRO YANAGIMACHI original wholecut with hand stitches on the face. We made them with gratitude. 

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


東京都 M.S.様

〈外界との接点〉

 

今回は、こちらのパンチドキャップをオーダーいただいたお客様のご紹介です。これまで様々な靴を履いてこられ、ご自身のフィッティングの問題点をはっきりと感じておられたお客様、HIRO YANAGIMACHI のサンプルの写真をご覧になり、この形なら自分の足に合うのではないかと思われたそうです。まずは木型を変更せずにおつくりした一足目を履きこまれ、その結果を受けて二足目となるこちらの靴は、木型に必要な修正を加えてのオーダーとなりました。

お渡しの際にお客様から、「外界と自分との接点は靴底だから、靴は大切にしている」という印象的な言葉をいただきました。装いの一つであると同時に歩く道具でもある靴の重要性は、これまで何度もお伝えしてきましたが、もう少し大きな視点で、靴が地面ひいては地球との接点であるという考え方は新鮮でした。靴が地球という大きな存在と、個人という小さな存在の接点である事実に、私たちが日々つくっているものの重要性を再認識することとなりました。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

 

〈A contact point with the outside world.〉

 

We will introduce a customer who ordered this pair of punched cap shoes.  He knew his problems with shoe fittings because he had worn many kinds of shoes before ordering from us. And he said he thought our shoes would fit him well when he saw photos of our sample shoes. After he broke in his first pair of shoes from us that he had ordered by made-to-order, he ordered this second pair by made-to-measure after receiving the results from his first pair. 

 

When he received this second pair, he told us some impressive words. "Shoes are important for me because the shoe sole is the contact point between the outside world and me." We often talk about the importance of shoes as both a fashion item and as a tool for walking. But it was interesting to hear a new viewpoint that shoes are a contact point with the ground and the earth as well. We were able to again realize the importance of what we make every day from the fact that shoes are a point of contact between the big earth and a small individual.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


中国 E.L.様 / Mr. E.L. from China

〈ビスポークという新たな東京の魅力〉

 

今回は中国からオーダーに来ていただいたお客様のご紹介です。SNSを通じて私たちの靴を気に入って下さり、また東京へは頻繁にいらっしゃるということでご来店いただきました。お仕事ではなく、ショッピングが東京を訪れる目的というお客様、私たち以外でもビスポークでのオーダーを楽しまれているそうです。アジア圏の方にとって、時差もなく気軽に訪れることが出来、食事やショッピングの場が充実している東京は、アジアの中のパリのような存在とも言われ、繰り返し東京へいらっしゃる方が多くみられます。”ビスポークを楽しむ”という事が、そうした方々の東京を訪れる目的のひとつとなっていることは大変誇らしいことです。

こちらのお客様が最初の一足にと選ばれたのは、HIRO YANAGIMACHI オリジナルの内バネのギリー。初回はその工房の代表的なモデルをオーダーしたいという、ビスポークに親しまれたお客様ならではのスマートな選択でした。そこに、ダイヤモンドキャップと、お気に入りのフレーズを真鍮の釘でソールに施すアレンジを加え、こだわりの一足が仕上がりました。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The charm of new, bespoke Tokyo.〉

 

Please let me introduce this customer from China. He found us through social media and he likes our products very much. Also, he visits Tokyo very often, not for business but for shopping. He enjoys shopping here, including making bespoke orders in Tokyo. There are a lot of visitors from Asia coming to Tokyo again and again because there are many shopping spots and gourmet choices and is easy to visit without jet lag. It is said that Tokyo is like the Paris of Asia in this way. We are very proud that enjoying bespoke orders has become one of the reasons people visit Tokyo.

 

The style that he chose for the first pair from us was HIRO YANAGIMACHI’s original oxford style gillie. He has a policy to order the maker’s masterpiece style for his first order. It is a smart choice as he is familiar with bespoke culture. Lastly, he personalized his shoes by adding a diamond cap and brass ornamentation with his favorite phrase.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 


| 1/16PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop