HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

東京 T.Y.様

〈引き継がれる思い〉

 

こちらの靴のオーナーは弱冠二十歳。その若さで、革靴ばかりかオーダーにまで興味を持たれたこと自体珍しいことですが、きっかけとなったのは、身内の方の形見分けとして手にした40年前の革靴でした。40年も前の靴が履けることにまず驚き、また実際に履いていくうちに革靴の良さを感じられたそうです。そこで自分でも革靴を探し始めたところ、履き心地などなかなか満足のいくものに出会えなかったと言います。普通はそこで止まってしまうところを、オーダーにまで至った、そこに靴を残された方の思いを感じずにはいられません。40年経っても履けるということは、オーナーがその靴をコンディションの良い状態に保って、大切にされていたということ。使い捨てではなく、長く愛着を持つ、というものとの関わり方に、このお客様の心を動かすものがあったよう思います。若いお客様が選ばれたのは、アメリカンテイストで、カジュアルにも履くことのできるプレーンなダービー。新たな靴のオーナーの誕生に、靴を残された身内の方も、喜ばれているのではないでしょうか。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:ジャーマンカーフ/ブラック、ソール:ラバーソール

 

〈Passing on the Passion.〉

 

The owner of this pair is only 20 years old. It is very rare that a person this age is interested not only in leather shoes, but ordering shoes. What started his interest were some leather shoes from 40 years before which were given to him as a remembrance of his relatives. He was surprised at the fact that those shoes could be put on even now, and also he realized the good points of leather shoes when he wore them. So he started searching for his own leather shoes, but he couldn't find the perfect one for him regarding fitting and so on. Most people may stop searching at this point. We think his relatives’ passion for their shoes led him to order his own shoes. These shoes from 40 years ago can be worn because their owner had kept them in good condition. It means the owner was attached to his shoes and used them for long time. We think this customer was impressed with this relationship between his relative and his shoes. This young customer chose American-style plain derby that suits his casual style. His relatives can be pleased at the birth of a new shoes owner.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : German calf/Black, Sole : Rubber sole

 

 

 

 

 

 


中国 Mr.L.L.

〈「フィットする」を知る、ビスポーク〉

 

海外のお客様に人気の高いスプリットトウに、華やかなバーガンディの素材を組み合わせたこちらの靴、オーダーいただいたのは中国からのお客様です。SNSを通じて私たちに興味を持ち、ご友人と共にワークショップへ訪ねてこられました。スーツなどはオーダーされていましたが、靴は既成靴でそれほど問題を感じていないとのこと。ところが実際に足と靴を拝見すると、足の横幅に合わせて選ばれた靴は、長さに対して2サイズ大きいものでした。一見して難しい仕事となることが予想できる、ボリュームがあり、体重のかかり方で変化する足。実は、足同様大柄な体格はスーツをオーダーしているテーラーでも「Challengingな仕事だ」と言われたそうで、その言葉は私たちにもそのまま当てはまることとなりました。何度かのトライアルフィッティングを経て完成した靴は、お客様の足元にぴったりと収まり、お客様にも大変気に入っていただけました。

フィットした靴は、「自分の足に合うとはどういうことか」ということへの理解を深め、そのことが次に靴を選ぶ際の基準となると私たちは考えています。そうした、自分に合う靴のスタンダードを知るための手段としてオーダーしていただくことも、私たちの役割の一つではないかと思います。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/バーガンディ、ソール:スクエアウエスト

 

〈What is a Good Fit.〉

 

One of the most popular styles with our overseas customers is split toe shoes. The customer who chose these shoes with a gorgeous burgundy color was from China. He had been aware of us through some social media and visited us with his friend. He had experienced ordering many suits. For the shoes, he did not feel any problems with ready made shoes. But he had been choosing shoes that were two sizes larger than his foot length to fit his foot width. His foot has a lot of volume and changes when he puts his weight on them. We imagined this work would be very difficult. In fact, his tailor had said to him "challenging work " about his big build which is the same as his foot. And this phrase applied to us as well. After a few trial fittings, we could make good fitting shoes for him. Of course, he liked them very much.

We think properly fitting shoes like this enrich an owner's understanding of "what is a good fit " , and it will be the standard for choosing next shoes. We, as bespoke shoemakers, should play this role for customers to know their standards.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Burgundy, Sole : Square waist

 

 

 

 

 


神奈川県 R.S様

〈一駅前で降りる、歩く楽しみ〉

 顧客であるご友人の付き添いでご来店された今回のお客様、お話を伺うと合う靴がなく靴に不満をお持ちでした。実際に足を拝見すると、ご友人にも増してオーダー靴が必要とされる難しい足で、靴選びにお困りであることが容易に想像出来ました。そこでお客様の足の状態や靴のフィッティングについてご説明するうちに、オーダーに興味を持っていただきご注文いただくことになりました。かくして完成したこちらの靴を履かれて、これまでは出来る限り革靴を履くことを避けたいと思われていたというお客様が「歩くことが楽しくなり、目的地の一駅前で電車を降りて歩いている」と嬉しいお話をして下さいました。実は付き添いでご来店された当初は、時間と費用をかけて靴をオーダーすることに半信半疑だったそうですが、今では2足目3足目のオーダーを楽しんでいらっしゃいます。 

〈Getting off the train one stop early to enjoy walking 〉

 The first time this client came to our workshop he was visiting with one of our regular clients. At that time he complained about how shoes in general fit him, and after seeing his feet I could imagine how difficult it must be for him to find good fitting shoes from ready-made shoes. As I explained about his feet condition and shoes fitting, he started to have interest in ordering shoes. Until he wore this pair of shoes, he had managed to keep away from wearing leather shoes as much as he could. But now he said "I enjoy walking so much that I walk from one station before my destination." To tell the truth, he was half in doubt about ordering bespoke shoes because of the time and money involved when he visited us with his friend at first. But now he will been ordering his 2nd and 3rd pair of shoes. 

 ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ/ダークブラウン、ソール:スクエアウエスト





埼玉県 G.A様

選ぶからつくる〉 

靴を販売されていたことがきっかけで靴が好きになったという今回のお客様、自分好みの靴をつくるということと、ハンドメイドによる靴づくりへの憧れから、オーダーに至ったそうです。既成靴に特に不満はないということもあり、木型は変更せず、パターンオーダーでのオーダーに。HIRO YANAGIMACHI のパターンオーダーでは50型近いデザインと、アッパーの革、ソール仕様も自由にお選びいただけるため、その組み合わせは無限大です。オーダーメイドの最大の魅力である、ものを選ぶのではなくつくる、ということを楽しんでいただけたらと思っています。お客様が選ばれたスタイルは、型押しの革とノルウィージャンウエルトが存在感のある外バネの一足。靴がお好きで、これまでたくさんの靴を選んできたからこそ、自分好みの靴をつくる楽しみを存分に味わっていただけたのではないでしょうか。 

〈Not "choose" but "make"〉 

Because of his experience as a salesperson at shoes shop, this clients had been interested in ordering shoes by hand to realize his preference one. He don't complain about fitting of ready-made shoes, so he could order the shoes by MTO. In our MTO order system, you can choose the design from nearly 50 models, the materials and specifications that you like. We'd like clients to enjoy not just choosing his shoes but making own shoes with us, that is the biggest attraction of order. He chose derby style with embossed leather and norwegian welted sole. The finished shoes became a presence one. We wish he could enjoy making his own favorite shoes all the more for his experience of choosing many shoes until then. 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ノルウィージャン
 
 




埼玉県 S.O様

〈The summer shoes〉 

今回は、夏の淡い色味の装いに合わせる靴を、とご注文いただいた一足です。その色や素材感が、爽やかで軽快な印象を醸し出す生成りのキャンバス地は、お客様にご要望頂いたもの。そこへ靴としての強度を維持できるよう、必要な箇所にライトブラウンの革を配し、異素材のコンビシューズが完成いたしました。履くシーンをイメージして、それに合わせてつくる靴というのは、確かに何にでも合うものではありません。しかし、そのような限定的なものであるが故の個性が魅力的な一足となりました。蒸し暑く、革靴を敬遠しがちな日本の夏ですが、ぜひこうした靴でお洒落を楽しんでいただければと思います。 

 〈The summer shoes〉 

This client ordered us a pair of shoes which was suitable for light color summer suit. The off-white canvas that was one of his request looks clean and neat. Besides it, light brown leather added the beauty of color contrast, and reinforcement for some important part. No doubt, shoes for a certain situation or dress is not all-around one. But, therefore, they are unique and attractive. In Japan in summer season, they say it is too sultry to wear a leather shoes, but why don't you enjoy fashion with fascinating shoes like this. 

 ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ&キャンバス/ライトブラウン&オフホワイト、ソール:スクエアウエスト 





| 1/9PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop