HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

神奈川県 R.S様

〈一駅前で降りる、歩く楽しみ〉

 顧客であるご友人の付き添いでご来店された今回のお客様、お話を伺うと合う靴がなく靴に不満をお持ちでした。実際に足を拝見すると、ご友人にも増してオーダー靴が必要とされる難しい足で、靴選びにお困りであることが容易に想像出来ました。そこでお客様の足の状態や靴のフィッティングについてご説明するうちに、オーダーに興味を持っていただきご注文いただくことになりました。かくして完成したこちらの靴を履かれて、これまでは出来る限り革靴を履くことを避けたいと思われていたというお客様が「歩くことが楽しくなり、目的地の一駅前で電車を降りて歩いている」と嬉しいお話をして下さいました。実は付き添いでご来店された当初は、時間と費用をかけて靴をオーダーすることに半信半疑だったそうですが、今では2足目3足目のオーダーを楽しんでいらっしゃいます。 

〈Getting off the train one stop early to enjoy walking 〉

 The first time this client came to our workshop he was visiting with one of our regular clients. At that time he complained about how shoes in general fit him, and after seeing his feet I could imagine how difficult it must be for him to find good fitting shoes from ready-made shoes. As I explained about his feet condition and shoes fitting, he started to have interest in ordering shoes. Until he wore this pair of shoes, he had managed to keep away from wearing leather shoes as much as he could. But now he said "I enjoy walking so much that I walk from one station before my destination." To tell the truth, he was half in doubt about ordering bespoke shoes because of the time and money involved when he visited us with his friend at first. But now he will been ordering his 2nd and 3rd pair of shoes. 

 ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ/ダークブラウン、ソール:スクエアウエスト





埼玉県 G.A様

選ぶからつくる〉 

靴を販売されていたことがきっかけで靴が好きになったという今回のお客様、自分好みの靴をつくるということと、ハンドメイドによる靴づくりへの憧れから、オーダーに至ったそうです。既成靴に特に不満はないということもあり、木型は変更せず、パターンオーダーでのオーダーに。HIRO YANAGIMACHI のパターンオーダーでは50型近いデザインと、アッパーの革、ソール仕様も自由にお選びいただけるため、その組み合わせは無限大です。オーダーメイドの最大の魅力である、ものを選ぶのではなくつくる、ということを楽しんでいただけたらと思っています。お客様が選ばれたスタイルは、型押しの革とノルウィージャンウエルトが存在感のある外バネの一足。靴がお好きで、これまでたくさんの靴を選んできたからこそ、自分好みの靴をつくる楽しみを存分に味わっていただけたのではないでしょうか。 

〈Not "choose" but "make"〉 

Because of his experience as a salesperson at shoes shop, this clients had been interested in ordering shoes by hand to realize his preference one. He don't complain about fitting of ready-made shoes, so he could order the shoes by MTO. In our MTO order system, you can choose the design from nearly 50 models, the materials and specifications that you like. We'd like clients to enjoy not just choosing his shoes but making own shoes with us, that is the biggest attraction of order. He chose derby style with embossed leather and norwegian welted sole. The finished shoes became a presence one. We wish he could enjoy making his own favorite shoes all the more for his experience of choosing many shoes until then. 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ノルウィージャン
 
 




埼玉県 S.O様

〈The summer shoes〉 

今回は、夏の淡い色味の装いに合わせる靴を、とご注文いただいた一足です。その色や素材感が、爽やかで軽快な印象を醸し出す生成りのキャンバス地は、お客様にご要望頂いたもの。そこへ靴としての強度を維持できるよう、必要な箇所にライトブラウンの革を配し、異素材のコンビシューズが完成いたしました。履くシーンをイメージして、それに合わせてつくる靴というのは、確かに何にでも合うものではありません。しかし、そのような限定的なものであるが故の個性が魅力的な一足となりました。蒸し暑く、革靴を敬遠しがちな日本の夏ですが、ぜひこうした靴でお洒落を楽しんでいただければと思います。 

 〈The summer shoes〉 

This client ordered us a pair of shoes which was suitable for light color summer suit. The off-white canvas that was one of his request looks clean and neat. Besides it, light brown leather added the beauty of color contrast, and reinforcement for some important part. No doubt, shoes for a certain situation or dress is not all-around one. But, therefore, they are unique and attractive. In Japan in summer season, they say it is too sultry to wear a leather shoes, but why don't you enjoy fashion with fascinating shoes like this. 

 ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ&キャンバス/ライトブラウン&オフホワイト、ソール:スクエアウエスト 





神奈川県 M.N様

アレンジで魅せるオリジナルの1足〉
 

まずオーダーの初めに型押しの革をセレクトされた今回のお客様、つくりたい靴をはっきりとイメージされていたようです。スタイルは、外バネホールカット(L30)のプレーントゥをハンドステッチのU-チップに変更されました。一つアレンジを加え、型押し素材を組み合わせただけで、サンプルとは全く違う趣。この完成形を想像してオーダーされたオーナーの感性がキラリと光る一足です。HIRO YANAGIMACHI ではレースアップだけでも約40型のスタイルサンプルをご用意しています。基本的にシンプルに仕上げているこれらのサンプルをベースに、ディテールの組み合わせで様々なアレンジが可能です。いくつかのディテールの組み合わせである程度決まっているようなメンズの靴のデザインですが、その組み合わせは無数にあります。自分なりの組み合わせの一足、あなたもつくってみませんか?

〈Mix your idea with our style.〉

This customer had a clear image about shoes he wanted, and he realized it just changing two point from our style sample(L30) - add U-tip and select embossing leather. We have various style sample designed simply and you can  change detail to make your favorite one.

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ベベルドウエスト







埼玉県 H.O様

〈左右差を内包するワンペア〉

今回は、脚の長さに3センチの差があるお客様の一足です。脚長の差を補正するには、靴の外側と内側、二つのアプローチがあり、今回は内側から補正することにしました。それは、インソールの上にフットベッド(中敷きの一種)を装着し、かさを高くする方法です。そのため、必然的に靴の左右でアッパー部分のかさに差が出ますが、制作過程のあらゆる場面でその差が最小限になるよう工夫しました。ビスポークでつくる靴は基本的に左右非対称です。その違いは実際の足の違いであり、なくしてはならないものです。と、同時に靴は常に左右ペアで存在するもの。必要な差を含んだ上で、ペアで同じように、自然に見せること、その大切さと難しさを改めて感じさせてくれた仕事となりました。

〈A pair of shoes made by bespoke must involve a difference of right and left.〉

This customer's legs have a difference in length of  legs in right and left no less than 3 cm. To regulate this, we made a footbed a kind of insole and put it on his last.  By this method, it was certain that there was a difference in its looks, so we did our best at all processes to made it minumum. Basically, a pair of shoes made by bespoke must be asymmetry. We must leave this difference because it caused by his legs. But at the same time the shoes must exist in pair. Our mission is making shoes to be shown as same looks comfortable after containing the necessary difference.

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:イングリッシュカーフ/ブラック、ソール:スクエアウエスト







| 1/8PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop