HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

福岡県 K.F.様

〈「つくる」に踏み出せば、靴はもっと楽しくなる〉

 

今回は2足目となるこちらの靴をビスポークでオーダーいただいたお客様のご紹介です。たまたま紹介を受けオーダーいただいたパターンオーダーでの1足目を契機に、靴をつくることへの興味が膨らみ、1足目を履き込む間もなく2足目のビスポークオーダーのためご来店されました。伺うと、これまでも少なからず靴への不満があったものの、靴は有るものの中から「選ぶ」ものであって、「つくる」という考えは思ってもみなかったそうです。そのためパターンオーダーがきっかけとなり、希望のスタイルや理想の履き心地など、靴についての世界が一気に広がり、時を移さず2足目のビスポークオーダーに踏み切られました。実はこうした、既成靴に不満はあるけれど「靴をつくる」という選択肢に気付かれていない方は依然として多いように思います。靴が先に存在するのではなく、履く人の足や想いが先にある靴づくりをより多くの方々に広めることができればと思います。

そんなお客様がビスポークで選ばれたのは、深いバーガンディ色のダブルモンク。その履き心地や仕上がりにご満足いただけたことは言うまでもありません。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/バーガンディ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Enjoy "making your own shoes".〉

 

Please let me introduce a customer who ordered these bespoke shoes as his second pair from us. He had ordered his first pair after he had been introduced to us by chance. His interest in ordering, or making shoes for himself, began to increase after this and he visited us to order his second pair before he broke his first pair in. For him, shoes had been things to choose from an already existing selection and he had never thought to make his own shoes, though he had experienced some dissatisfaction with ready made shoes. So his ideas about shoes, ideal style and comfort increased suddenly and he decided to make his second shoes by bespoke immediately. Actually, there are many people who do not think about "making their own shoes" though they have dissatisfaction with ready made shoes. We would like to spread this kind of approach towards shoes -- not just thinking about shoes as something which already exist and then a customer chooses from, but something which is made for the owner's feet and feeling.

This customer chose double monk shoes in a deep burgundy color. We are happy that he was satisfied with the shoes comfort and workmanship.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Burgundy, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


東京都 S.E様

〈ダービー、オックスフォード、そしてモンクストラップ〉 

HIRO YANAGIMACHI オリジナルの内バネスタイルのダブルモンク。ご注文いただいたのはこれが3足目となるお客様です。こちらのお客様、1足目はダービー、2足目はオックスフォード、そして3足目はモンクストラップ、と1足ごとに違うスタイルでオーダーいただいています。但し、色は3足全て黒色。羽根が開きやすいことに由来する脱ぎ履きの容易さも相俟ってカジュアルな印象のダービー、控えめに開く羽根が落ち着いた印象で、フォーマルな場には欠かせないオックスフォード、シルバーのバックルがエレガントなモンクストラップ。同じ色だからこそ際立つそれぞれの良さを見極め、履くシーンごとにその個性を使い分けて楽しまれているのではないでしょうか。 

〈Derby,Oxford and then Monk-strap〉 

This Double Monk-Strap is a model made exclusively by HIRO YANAGIMACHI and was ordered by a client who ordered 2 pairs of shoes from us before. The first one was a Derby, the second was an Oxford and this time he ordered a Monk-Strap. He ordered a different style for each pair of shoes. But those colors were all black. Those three styles each have good points. The Derby has a casual image and is easy to put on and take off. The Oxford's facings open modestly so it looks refined and it is a necessity on formal occasions. The Monk-strap looks elegant with silver buckles. We suppose this client grasps each distinction, especially as they are all in the same color, and enjoys using each for its own occasion. 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト 





愛知県 S.K様

〈そのこだわりが、靴づくりのキーポイント〉

こちらのサイドモンク、一見しただけでは分かりにくいですが、実はサンプルとは違う仕様になっている点があります。一つはタンがない点、そしてもう一つはバックルが付いているストラップが通常よりも長い点です。そのどちらも、お手入れのしやすさを叶えるためにお客様からご要望いただいたものでした。特にモンクがお好きで、日常履く靴に道具としての使い勝手の良さを求めるお客様にとり、バックルを裏返して磨くことが出来るストラップの長さはポイントでした。お客様曰く『ちょっとしたところ』ではありますが、こうしたポイントにオーナー毎の靴への関わり方が表れるのではないでしょうか。そしてそのポイントを共有することで、私たちの考える使い手の”気持ちにフィットした”靴づくりが実現すると考えています。

〈What is your priority for your shoes?〉

This Monk-strap shoes have no tongue and longer buckle strap so that the owner can clean up them easily. He put emphasis on such details, because he regards the shoes as "a daily tool". The owner's thought can be reflected even such a small details. We think such request is necessary to make good shoes for fitting owner's personality. 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/バーガンディ、ソール:スクエアウエスト

No.812 S.Kato - 13.JPG

No.812 S.Kato - 09.JPG
 


広島県 A.K様

〈ホテルマンが見るその足下〉

今回は広島県のお客様。上京の折に宿泊されるホテルでは、当工房の靴を履くとより気持ちよく滞在できると言います。「ホテルマンはまず足下を見る」と言いますが、それは靴自体を意味するのではないように思います。履き込み手入れをすることで形が変わり表情が付く靴、そうした靴には自然とその履き手の価値観や生き方が投影されるのではないでしょうか。今回のシンプルなモンクストラップもお客様の愛情を受け良い表情の一足になることとと思います。

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:イタリアンカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト/ハーフペイント





愛知県 S.K様 

〈履き比べて気付く、それぞれの良さ〉

今回のお客様、既に何足かオーダーいただいていますが、ラバーソールはこれが初めて。これまでドレスシューズはレザーソールでのみ履かれていたお客様にとって、履き始めた当初はラバーの感触に違和感があったそうです。しかし、履いていくうちにレザーソールにはない機能性や気軽さが重宝し、大変気に入っていただきました。履き比べることで気がつく、レザーソールにはレザーソールの、ラバーソールにはラバーソールの、それぞれの良さがあります。

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ラバーソール





| 1/3PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop