HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

東京都 S.O様

革の緊張感が生み出す、ローファーのフィッティング〉
 

今回のお客様、これまでブーツを含め何足もオーダーいただいていますが、ローファーはこれが初めて。オリジナルのセンターシームモデルをエレガント且つ個性的なダークグレイの革でご注文いただきました。ローファーはレースやバックルがない分、靴に足を入れた際に革が動いて生じるテンションで足にフィットさせることが、特に重要となります。ところがお客様の足は大変柔らかくそのテンションを吸収してしまい、何度か試し履きをしていただきながらの木型制作となりました。「足の形+革の動き」を考慮したローファー用木型のあるべき形への理解を深めてくれた一足、お客様にも大変喜んでいただきました。

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークグレイ、ソール:ベベルドウエスト









神奈川県 K.N様

〈気持ちが求めたデザイン、足が求めた履き心地〉

初めてオーダーしていただいたこちらのお客様は、合う靴がなく「靴に合わせて履かされている感覚があった」とおっしゃるとおり、足長に対してボリュームのある難しい足をお持ちでした。選ばれたスタイルは、サドルがなく主に一枚のパーツから構成されるバンプローファー。サドルがないが故に、その分優しく足を包みこむような履き心地を実現します。「お客様の足に合わせた靴」、落ち着いた濃茶色のどっしりとした一足に仕上がりました。

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:スクエアウエスト




東京都 M.S様

〈足と一体となる靴、それは硬さ・重さを意識させない靴〉

「とにかく柔らかくて、軽い靴」。初めてのオーダーとなるこちらのお客様のリクエストに共感される方は多いのではないでしょうか?それは、足の動きと同調せず、フィットしていない靴がもたらす硬さ、重さへの不満の表れとも言えます。フィットした靴であれば、ある程度の硬さや重さはむしろ足を支え、歩行を助けます。出来上がった靴を履かれたお客様は、柔らかさや軽さを特別意識することもなく、「初めての履き心地」とご満足いただきました。

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ライトブラウン、ソール:スクエアウエスト




神奈川県 K.F様

〈コードバンが引き立たせる、フルサドルローファーの存在感〉 

馬革タンナーとして有名な、新喜皮革製のコードバンを用いて制作したフルサドルローファー。ローファーのフィッティングの要は、甲の押えとトップラインの挟込み。幅広で、フラットな傾向の足を持ったこのお客様は、これまでフィットしたローファーに出会うことがありませんでした。つま先周りに繊細なハンドステッチを施し、ヒールからシームをなくしたその靴は、コードバンの上質な素材を主役に、重厚さと緻密さを兼ね備えた一足に仕上がりました。

ラスト:フルスクラッチ/スクエアー、アッパー:コードバン/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト



愛知県 H.T様

〈スクエアートウが醸し出すエレガンス〉 

フィッティングとトウシェイプのバランスを見極めることで導き出された、スクエアートウが特徴的なサドルローファー。ベースとなるラウンドトウのラストを、モディファイすることによって生まれました。つま先のアウトラインに倣ったハンドステッチは、ラストの美しいラインを強調し、シャープな印象を靴にもたらしています。また、華やかな赤みを帯びたミディアムブラウンのアッパーは、靴全体にエレガントさと気品を与えています。

ラスト:チャージ&モディファイ/スクエアー、アッパー:ブリティッシュアニリンカーフ/ミディアムブラウン、ソール:スクエアーウエスト


| 1/2PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop