HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

東京都 H.I.様

〈ビスポークを選ぶ理由〉

 

パターンオーダーでフィッティングを気に入っていただいたこちらのお客様、次はブーツをつくりたいということで2足目はビスポークでのオーダーとなりました。ご注文いただいたのは、”天候を気にせずにヘビーユースでき、長く履くことのできる靴”。そこで雨に強いノルウィージャン製法を採用し、ソールはラバーに。アッパーの底面に近い部分にはオイルドレザー、足首周りには柔らかいスエードを、絶妙な色のコンビネーションで組み合わせられました。実はこちらのお客様、このオーダーの後に再度パターンオーダーでご注文をいただいています。また普段は既成のものからの靴選びを楽しんでおられるとのことで、フィッティングに特別お困りではありません。それでもビスポークでオーダーされたのは、つくりたいものがあったから。思い描いている色や仕様の靴がお店では見つからないという経験をお持ちの方は多いと思いますが、お客様にとってはそれがこちらの一足でした。デザインのみならず、ソール周りの仕様や素材に至るまでお客様自身の思いを形にでき、長く愛用したいという気持ちを委ねられるものづくりであることも、ビスポークの存在意義の一つです。お客様の思いのつまったこちらの一足がずっとお客様の足元で活躍してくれればと思います。

 

ラスト:フルスクラッチ/チゼル、アッパー:イタリアンオイルドレザー/ダークブラウン、ブリティッシュスエード/ミディアムブラウン、ソール:ラバーソール

 

〈Why he choose bespoke?〉

 

This customer had ordered his first pair from us by made-to-order, and he liked its fitting very much. But these boots that are his second pair were made by bespoke. He wanted long-term heavy use boots. For meeting this request, he chose water resistant constructions such as norwegian welt and rubber sole. For the upper, he chose oiled leather and suede in nice combination colors. After this order, he ordered his next shoes by made-to-order again. Also he enjoys choosing shoes from ready-to-wear shoes. It means he does not have problem with shoes' fitting. Why did he order bespoke shoes? Because he had his dream shoes. You may have the experience that you can not find a pair of shoes with the exact color or specifications in the shop. That was this pair for him. It is one of the reasons to order by bespoke, so that a customer can realize his desire for shoes from its design to specification and also be able to cherish them a long time. We hope this boots will be active on his feet for a long time.

 

Last : Full scratch/Chisel toe, Upper : Italian oiled leather/Dark Brown, British suede/Medium Brown, Sole/Beveled waist

 

 

 

 

" />

  • 2018.02.07 Wednesday
  • Boots

神奈川県 M.N.様

〈イメージのその先へ〉

 

明るいベージュ色のアッパーにくすみを与え、表情を深めた革、裏面からステッチし、その陰影で表現されたUチップ、カジュアル感を演出する太いレースとタッセル。この個性的な一足をオーダーいただいたお客様は、毎回つくりたい靴のイメージをはっきりとお持ちで、このUチップやレースのディテールもリクエストいただいたものでした。ビスポークとは、"Be-spoken"が語源とされるように 、つくり手とお客様とが話をして、始まるものづくりです。今回のように明確なリクエストをいただいていると、それを形にすることは容易に思われるかもしれません。でも実はリクエストには現れない部分で、つくり手の判断に任されるところは多くあります。そこで鍵となるのが、出来上がりのイメージをお客様とつくり手がいかに共有できているか、ということです。当たり前ですが、オーダーの時点では存在していない完成品。それをお客様とのお話の中で、お客様よりもはっきりとイメージし、それを実現するために細部に気を配り、技術を持って形にしていくところがビスポークメーカーの腕の見せ所ではないでしょうか。私たちが目指すのは、リクエストを遺漏なく靴に盛り込むことは最低限、その上でお客様の語らない部分を捉え、お客様の想像を超える一足をつくりあげることです。今回の一足もお客様に大変ご満足いただいたのですが、お客様の想像を超える出来栄えとなっていれば光栄です。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ベージュ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Going beyond the image.〉

 

The aged effect on this bright beige color leather, the U-tip with stitching from the back side of leather, and the thick laces and tassel give this shoe a casual feeling. The customer who ordered these unique shoes always has a specific image for the shoes that he wants, so he requested these details such as the U-tip and laces. “Bespoke” starts from speaking between the maker and the customer, as the origin of the word is “Be-spoken”. It may seem that it was easy to make this pair of shoes because there were many specific requests. But there are also many details and points which were not expressed in the customer’s request and these are left to the maker’s judgement. In such times, the key is if the customer and maker can see and share the same image of the finished shoes. Of course nobody can see the finished shoes when the customer orders it. The bespoke maker must be able to imagine it even clearer than the customer and make these details to realize the object with their skills. We think incorporating customers' requests completely is the bare minimum. We aim to capture the image that the customer does not speak as well and make shoes that go beyond the customer’s image. It is our pleasure that this pair of shoes also went beyond the customer’s image.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Beige, Sole/Beveled waist

 

 

 

 

 

  • 2018.01.16 Tuesday
  • Boots

北海道 H.I.様

〈靴は無言で、雄弁に語る〉

顧客の方のご紹介でご来店いただいた今回のお客様、身につけるものに気を配り、独自のこだわりをお持ちのお客様でした。というのもこちらのお客様、講演などで人前に立つ機会が多く、身なりを含めたプレゼンテーションの重要性を強く意識しておられます。スタイルとしては、ハイブランドのモードなものがお好きで、靴ではブーツ、とりわけヒールが高めのものがお好みです。しかし、そうしたブーツの選択肢は狭く、オーダーするに至ったといいます。選ばれたモデルはオリジナルの3バックルのブーツ。ブラックのカーフレザーにシルバーバックル、ベベルドウエスト仕様、そして高めのヒールと、エレガントな仕上がりとなりました。
身につけるものが、その持ち主の価値を上げるというわけではありませんが、そのライフスタイルや価値観を表していることは事実です。特にファッションの一部でありながら、歩く道具でもある靴は、その人を雄弁に語るといって良いでしょう。講演の際のプレゼンテーションに引けを取らないくらい、この靴がお客様を、無言で、雄弁に語っている事を願います。

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

〈The shoe speak for you.〉
 

This customer was introduced to us from one of our clients. He pays great attention to his appearance because he has many chances to speak in public. He knows his presentation including his appearance has a big influence on his audience. As for his style of fashion, he likes high fashion brands. And as for shoes, he likes boots, especially boots with a bit of extra heel. But there are few choices like this available on the market so he decided to order a pair of boots from us. He choose a rather unique 3 buckle boot design made with black calf leather, silver buckles, beveled waist sole and a little bit of extra heel with an elegant finish.

We think one's belongings do not give someone greater worth than they already have, but it is true that they express one's lifestyle and values. With shoes it can especially be said that shoes speak for their owner because they are both a part of their appearance and also a tool for walking. We hope this pair of boots speaks well without saying a word and matches favorably with his speech.

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole/Beveled waist








  • 2016.06.08 Wednesday
  • Boots

東京都 S.N.様

〈あなたのオーダーのきっかけは?〉

今回の一足は、お客様の靴としては初めてご紹介する、オリジナルのバックルブーツです。ネイビーのオイルドレザー、ラバーソールというタフな仕様ながら、3つのシルバーバックルが輝きを添えて上品な仕上がりとなりました。仕事用ではなく旅行などオフの日用にとオーダーいただいたのは、初めてご来店されたお客様。以前はどちらかと言えば靴は消耗品と考え、オーダーなど考えてもみなかったそうですが、いくつかのきっかけで靴に興味を持ち、オーダーするに至ったといいます。その一つは以前購入した靴を修理したところ新品同様になって戻ったこと。これを機に、良いものに手をかけながら長く履きたいと思われたそうです。さらに、靴への興味が増す中で、身近に靴に詳しい方がいたことも大きな要因でした。同じ興味を持つものだからこそ出来る話、同じ価値を共有出来るものだからこそ分かち合えること、そういう方がいると楽しみも倍増するものです。この靴を話題にまた楽しいお話に花が咲いていれば幸いです。

〈What is your reason to order?〉

This is the first time to introduce our original buckle boots as our client's order. The boots are made with tough materials like navy blue oiled leather and rubber sole. But they have come out elegant ones with shiny triple silver buckles. The client ordered them not for work but for his free time as his first order form us. He said, he'd rather thought about shoes as consumables before, and never tried to order them. Why did he become to be interested in shoes and how did he come to order this boots? For one thing, when he got his old shoes that had repaired, he was so surprised that they looked like as good as new ones. At that time he changed his mind and wanted to wear good shoes for a long time with repairing. In addition, there is other key factor. He found the person who was familiar with shoes near himself. Talking about same interest and sharing same value with friend must be fun. I hope they had fun time of talking with this boots.

 ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:アメリカンオイルドレザー/ネイビー、ソール:ラバーソール




  • 2016.02.11 Thursday
  • Boots

ドイツ R.G.様

〈靴で繋がる、靴で越えていく〉

昨年に引き続き海外からのお客様が多い年となりそうな2016年、今年初めてのご紹介はドイツからのお客様の一足です。日本への出張の機会が多く、日本のものづくりへもご興味があったことから日本でのオーダーを検討されたといいます。そんなお客様は、ボリュームがありがっちりとした、私たち日本人が一般的にイメージするような「ドイツ人らしい」足をお持ちでした。一年を通してブーツを履かれているということで、選ばれたスタイルはジョージブーツ。羽根の形状が横長のチャッカブーツに比べ、丈も長く縦長の羽根がエレガントな印象のブーツです。丈が長く、くるぶしを覆うブーツは、その構造上フィッティングの遊びが多くならざるを得ない為、フィッティングの基準を作る観点から通常一足目のオーダーではお勧めしていません。しかし今回の様に、年間を通じてブーツを愛用されている方や、ブーツのモデルを気に入られてオーダーされる方は、何よりも履いていただくことが第一ですのでその限りではありません。多いときでは一年に十回以上も日本にいらっしゃるというお客様、おつくりした靴がその足元をしっかり支えることを願っております。

〈Shoes are our window on the world〉

Let me introduce the client from Germany at the beginning of this 2016 year in the hope that customers from abroad of this year will increase followed the last year. He lives in Germany but wants to order a pair of bespoke shoes in Japan, because he has many opportunities to visit Japan for business trip and also he is interested in Japanese products. He chose a pair of george boots so that he can wear boots through the year. The george boots have higher and vertically longer quarter compare to the chukka boots and thus, look elegant. Usually we don't recommend boots for the first order. There are some play of fitting with boots as a result of its structure (high quarter, and therefore ankles are covered). So, shoes are suitable for the first pair to make an standard of fitting. But we are pleased to accept boots order for the first pair if clients wear boots all year around like him or simply like boots very much. The client's want is always our priority. This client come to Japan more then 10 times the greatest a year. We wish our boots support the feet of this busy client well.

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:スクエアウエスト

 



  • 2016.01.12 Tuesday
  • Boots

| 1/4PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop