HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

大阪府 H.I.様

〈こだわりのリクエスト、試される力量〉

 

今回ご紹介するブーツは常連のお客様からオーダーいただきました。ビスポークで靴をつくることを選ばれたのは、ご自身の足が大変細く、既製靴では合うものがないという理由からですが、今では様々なつくり手にオーダーされていて、ビスポーク経験豊富なお客様です。ご自身の中でつくりたい靴がはっきりとされていて、ご来店時にはデザインのディテールから細かな仕様に至るまでイメージを固められています。そのアイデアをいかに具現化するか、私たちの力量が試されるところです。いただいたリクエストを整理し、それらが最適なバランスで収まるよう細かな検討を重ねます。必要があれば細部のサンプルをつくり、お客様とイメージを共有しながらすすめ、一足の靴が完成します。

今回は、そんなお客様にとっても初めてとなるというブーツのオーダーをいただきました。HIRO YANAGIMACHIの得意とするギリースタイルをブーツに応用したもので、突出した存在感はやはりリクエストいただいたディテールによるものです。ダークグレイの革に施された細かな穴飾りの両脇を挟むステッチはすべてダブルステッチ。つま先だけでなくヒールからも有機的なラインを描くメダリオン。フィドルドバックを伴った、ピッチの細かいステッチのソール。つくり手である私たちもリクエストをいただかないとなかなかつくることのできない、見どころ満載の一足に仕上がりました。

つかい手の思いを形にするというのが私たちの仕事の大事な役割のひとつですが、こういったチャレンジングな仕事はつくり手の引き出しを増やしてくれ、その思いを形にできたとき、つくり手としてまたひとつ成長させてくれます。次はどんなリクエストがいただけるのか、期待と少しの不安を胸に楽しみにしています。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/グレイ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈An elaborate request. Showing the maker's ability. 〉

 

The customer who ordered these boots is one of our regular repeat customers. The reason he chose to make bespoke shoes at first was because of his feet's features. He couldn't find an exact fitting among ready to wear shoes for his very narrow feet. Now, he has a lot of experiences ordering bespoke shoes because he has ordered shoes from various shoemakers. He knows the shoes that he wants to make, and he had already decided the details of this shoe from design to specification when he visited us. For a shoemaker, it is the time to show the ability of being able to embody those ideas. We start by organizing the request and researching and examining carefully to arrange them into the best balance. If necessary, we make trial samples of the details to share the image with the customer. And then, we finish making a pair of shoes.

This time, he ordered a pair of boots from us. He said it was first time to order bespoke boots. The design he requested was oxford boots in gillie style that is HIRO YANAGIMACHI's specialized style. The prominent presence you may feel from these boots is from the elaborate details of his requests. Namely, the very fine broguing on the dark gray calf leather, the stitches following the broguing on both sides that are all double stitched, the medallions with organic lines that are not only on the toes but also the heel counters, and the fine pitch of the sole stitching with a fiddled back. We shoemakers do not get a chance without this kind of request to make such shoes or boots with highlights like these.

It is one of our important role to embody a customer's wish. And this kind of challenging work increases a maker's experience. We can develop our skills when we realize a customer's wish. We look forward to hearing his ideas for his next pairs that might make us a bit nervous. 

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Gray, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

  • 2020.05.26 Tuesday
  • Boots

Hong Kong Mr. M.S.

〈The shoe geek.〉

 

シンプルでありながら、こだわりのディテールを持つブーツをオーダーいただいたのは、自他共に認める靴好きで、ご自身でもお店を開いている香港からのお客様です。お仕事でもプライベートでも日本のシューメーカーと関わりがあり、お若いながら靴への理解が大変深い方です。オーダー歴も豊富なため、ご自身の足のこと、好みのスタイルを熟知されていました。 私たちに最初にリクエストいただいたのはシューズではなく、ブーツ。さらにはご自身にとってもブーツのオーダーは初めてとのこと。シューメーカーにとってシューズのフィッティングを確認せずにブーツをおつくりするというのは通常よりもハードルの高い仕事となります。それはオーナーにとっても同じであり、オーダー経験豊富なこちらのお客様としてはそのことも踏まえてのオーダーであったと思います。そこにお客様が私たちに寄せる信頼や期待を感じ、ブーツのオーダーをお受けすることを決めました。 オーダーいただいたのは、HIRO YANAGIMACHIの代表的なスタイルのひとつであるスプリットトウをブーツにアレンジしたもの。一見シンプルなようですが、モカからタンにかけて、またボディーの大きなパーツをそれぞれ接ぎのない構成とし、革を贅沢に使っています。 完成したブーツは、そうしたディテールが故の独特の迫力があり、ご本人にはフィッティングも含め大変気に入っていただきました。SNSでご自身のコーディネートを発信されているお客様ですが、その中でこちらのブーツのご愛用の様子を伺うことができ大変光栄です。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:スクエアウエスト

 

〈The shoe geek.〉

 

The owner of this pair of boots that looks simple but also has elaborate details, is recognized as a shoe geek, and he has his own shop in Hong Kong. He has connection with Japanese shoemaker at work and in private, and he has deep appreciation for shoes though he is young. Also he has so much experience of ordering shoes that he know his feet and preference style. He requested us boots for his first order from us. In addition, he said it was first time for him to order a pair of boots through out his order experience. For shoemaker, it is a big hurdle to make boots without checking shoes' fitting. Also for owner, it is the same. We thought he understood this because of his experience but he requested it of us considering this. Because we felt his trust and expectation for us in this situation, we decided to receive his first boots order. He ordered a pair of boots based on one of our popular style "split toe derby shoes. They looks simple in one sight, but they were made using unstinting upper leather since there are no seam from apron to tongue, and big body parts. The finished boots looked impressive because of those details. He liked them very much including their fitting. We are very honored when we see the way he wear them on his social media where he shows his coordinate.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Medium Brown, Sole : Square waist

 

 

 

 

  • 2020.04.10 Friday
  • Boots

東京都 K.I.様

〈軽快な靴は柔らかな発想で〉

 

同じお客様からご注文いただいた2足のチャッカブーツ、ソールの違いをご覧いただけるでしょうか?

オーナーは、既に何足かオーダーいただいているお客様で、今回はカジュアルに履けるものということでチャッカブーツをお選びいただきました。先にお渡ししたのはダークブラウンのもの。スタイルや、スエードの柔らかい履き心地は大変気に入っていただけたのですが、重さが少し気になるとのことで、2足目はソールの素材を変更することをご提案しました。

2足目のベージュの靴に採用したのは、より軽く柔らかな素材のヒール一体型ソール。出張の際のリラックスしたい場面や、休日の軽快な装いを想定して選ばれたスタイルでしたので、こちらのソールがそうしたシーンにマッチし、お客様にも大変気に入っていただけました。

このソール、「クラシックで…堅牢な作りで…」といったビスポークの世界とは一見不似合いと思われる方もおられるかもしれません。しかし、お客様のご要望に合わせて靴をつくるというビスポークの本来の意義から見ると、むしろ大変意味のある選択だと言えます。また、こうしてお客様のご要望にお応えすることで、新たな学びがあり、ご提案できる引き出しが増えていくことは、つくり手として喜ばしいことです。

かくしてこちらのソールを気に入られたお客様、程なく1足目のダークブラウンの靴も同じソールへの交換をご依頼いただきました。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:ブリティッシュスエード/ダークブラウン、ソール:ラバーソール ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:ブリティッシュスエード/ベージュ、ソール:ラバーソール

 

〈Being flexible to make light shoes.〉

 

Can you see the difference in the soles between these 2 pairs of chukka boots? These boots were ordered by the same customer. He had already ordered some pairs of shoes from us and wanted a casual pair of shoes next. So he chose chukka boots. 

We made the dark brown ones first. He liked the style and comfortable fitting of the suede leather, but he felt they were a little bit heavy. So we suggested to him to change the material of the soles for his next pair. 

We used a lighter and more flexible sole unit for his next pair that he ordered from us in the beige color. He liked them very much because this sole material matched how he wanted to wear them, such as relaxing times during business trips or holidays in light clothing. 

Some people may think this is unsuitable for "classic and durable" bespoke shoes. But we think it was a rather meaningful choice from the viewpoint of the essential meaning of bespoke ― that is, to make shoes that fit the customer's wish. And it is also a great pleasure that we can learn new things and get new ways to suggest things to customers by meeting customers' wishes.

Now, his first chukka boots in the dark brown color have also been changed into the same lighter and more flexible sole unit.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper :  British suede/Dark Brown, Sole : Ruber Sole

Last : Full scratch/Round toe, Upper :  British suede/Beige, Sole : Ruber Sole

 

 

 

 

  • 2019.02.22 Friday
  • Boots

新潟県 G.K.様

〈ブーツ…足から脚へと続く造形の意味〉

 

今回ご紹介するのは、足元の悪い冬場に備えてご注文いただいたブーツです。オイルドレザー、ラバーソールという仕様に、メダリオンのないブローグスタイルを合わせ、カジュアルながら品の良い一足に仕上がりました。 英語では、”Boots”は、”Shoes”と明確に分けていて、その違いは足首から上の脚を覆う筒部分の有無です。しかし靴を製作する際に、脚の特徴をもとに木型を作るという点では同じ。ブーツの場合は筒部分まである木型を製作し、その部分にはもちろんお客様ごとの脚の特徴が反映されます。

こちらのお客様は、足首が細く、加えて特に右脚が外側に傾いているという特徴がありました。実際にお客様も、既成のものでは脚の外側がブーツの筒に当たるという不満を感じられていたそうです。そうした特徴を加味した木型をもとに完成したブーツは、お客様の足元にぴったりと収まりました。足から脚までをしっかりと、しかしストレスなく包み込むブーツは、不安定な路面状況においても安定した歩行をサポートしてくれる良きパートナーとなってくれることと思います。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:アメリカンオイルドレザー/ダークブラウン、ソール:ラバーソール

 

〈Boots…The meaning of the form from foot to leg.〉

 

This pair of boots was ordered for bad weather in winter. This brogue style without medallion adds a touch of elegance to the casual specifications such as oiled leather and rubber sole. He chose a nice combination. "Boots" are clearly separated from "Shoes". The differences between them is whether it covers the ankle or not. But both are the same in that we make them using lasts that reflect the customer's features of his foot and leg. For boots, we make lasts that have parts for the ankles that reflect the features of the customer's leg.

This customer's ankles were thin and his legs leaned outside, especially on the right side. He was dissatisfied ready-to-wear boots, because they pushed on the outside of his legs. The finished boots with the features of his legs fitted him very well. This pair covered from his foot to his leg properly and without stress. We hope the boots will support stable walking on unstable road surfaces and be his good partner.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : American oiled leather/Dark Brown, Sole : Rubber sole

 

 

  • 2018.08.17 Friday
  • Boots

東京都 H.I.様

〈ビスポークを選ぶ理由〉

 

パターンオーダーでフィッティングを気に入っていただいたこちらのお客様、次はブーツをつくりたいということで2足目はビスポークでのオーダーとなりました。ご注文いただいたのは、”天候を気にせずにヘビーユースでき、長く履くことのできる靴”。そこで雨に強いノルウィージャン製法を採用し、ソールはラバーに。アッパーの底面に近い部分にはオイルドレザー、足首周りには柔らかいスエードを、絶妙な色のコンビネーションで組み合わせられました。実はこちらのお客様、このオーダーの後に再度パターンオーダーでご注文をいただいています。また普段は既成のものからの靴選びを楽しんでおられるとのことで、フィッティングに特別お困りではありません。それでもビスポークでオーダーされたのは、つくりたいものがあったから。思い描いている色や仕様の靴がお店では見つからないという経験をお持ちの方は多いと思いますが、お客様にとってはそれがこちらの一足でした。デザインのみならず、ソール周りの仕様や素材に至るまでお客様自身の思いを形にでき、長く愛用したいという気持ちを委ねられるものづくりであることも、ビスポークの存在意義の一つです。お客様の思いのつまったこちらの一足がずっとお客様の足元で活躍してくれればと思います。

 

ラスト:フルスクラッチ/チゼル、アッパー:イタリアンオイルドレザー/ダークブラウン、ブリティッシュスエード/ミディアムブラウン、ソール:ラバーソール

 

〈Why he choose bespoke?〉

 

This customer had ordered his first pair from us by made-to-order, and he liked its fitting very much. But these boots that are his second pair were made by bespoke. He wanted long-term heavy use boots. For meeting this request, he chose water resistant constructions such as norwegian welt and rubber sole. For the upper, he chose oiled leather and suede in nice combination colors. After this order, he ordered his next shoes by made-to-order again. Also he enjoys choosing shoes from ready-to-wear shoes. It means he does not have problem with shoes' fitting. Why did he order bespoke shoes? Because he had his dream shoes. You may have the experience that you can not find a pair of shoes with the exact color or specifications in the shop. That was this pair for him. It is one of the reasons to order by bespoke, so that a customer can realize his desire for shoes from its design to specification and also be able to cherish them a long time. We hope this boots will be active on his feet for a long time.

 

Last : Full scratch/Chisel toe, Upper : Italian oiled leather/Dark Brown, British suede/Medium Brown, Sole : Rubber sole

 

 

 

 

" />

  • 2018.02.07 Wednesday
  • Boots

| 1/4PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop