HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

北海道 H.I.様

〈靴は無言で、雄弁に語る〉

顧客の方のご紹介でご来店いただいた今回のお客様、身につけるものに気を配り、独自のこだわりをお持ちのお客様でした。というのもこちらのお客様、講演などで人前に立つ機会が多く、身なりを含めたプレゼンテーションの重要性を強く意識しておられます。スタイルとしては、ハイブランドのモードなものがお好きで、靴ではブーツ、とりわけヒールが高めのものがお好みです。しかし、そうしたブーツの選択肢は狭く、オーダーするに至ったといいます。選ばれたモデルはオリジナルの3バックルのブーツ。ブラックのカーフレザーにシルバーバックル、ベベルドウエスト仕様、そして高めのヒールと、エレガントな仕上がりとなりました。
身につけるものが、その持ち主の価値を上げるというわけではありませんが、そのライフスタイルや価値観を表していることは事実です。特にファッションの一部でありながら、歩く道具でもある靴は、その人を雄弁に語るといって良いでしょう。講演の際のプレゼンテーションに引けを取らないくらい、この靴がお客様を、無言で、雄弁に語っている事を願います。

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

〈The shoe speak for you.〉
 

This customer was introduced to us from one of our clients. He pays great attention to his appearance because he has many chances to speak in public. He knows his presentation including his appearance has a big influence on his audience. As for his style of fashion, he likes high fashion brands. And as for shoes, he likes boots, especially boots with a bit of extra heel. But there are few choices like this available on the market so he decided to order a pair of boots from us. He choose a rather unique 3 buckle boot design made with black calf leather, silver buckles, beveled waist sole and a little bit of extra heel with an elegant finish.

We think one's belongings do not give someone greater worth than they already have, but it is true that they express one's lifestyle and values. With shoes it can especially be said that shoes speak for their owner because they are both a part of their appearance and also a tool for walking. We hope this pair of boots speaks well without saying a word and matches favorably with his speech.

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole/Beveled waist








  • 2016.06.08 Wednesday
  • Boots

東京都 S.N.様

〈あなたのオーダーのきっかけは?〉

今回の一足は、お客様の靴としては初めてご紹介する、オリジナルのバックルブーツです。ネイビーのオイルドレザー、ラバーソールというタフな仕様ながら、3つのシルバーバックルが輝きを添えて上品な仕上がりとなりました。仕事用ではなく旅行などオフの日用にとオーダーいただいたのは、初めてご来店されたお客様。以前はどちらかと言えば靴は消耗品と考え、オーダーなど考えてもみなかったそうですが、いくつかのきっかけで靴に興味を持ち、オーダーするに至ったといいます。その一つは以前購入した靴を修理したところ新品同様になって戻ったこと。これを機に、良いものに手をかけながら長く履きたいと思われたそうです。さらに、靴への興味が増す中で、身近に靴に詳しい方がいたことも大きな要因でした。同じ興味を持つものだからこそ出来る話、同じ価値を共有出来るものだからこそ分かち合えること、そういう方がいると楽しみも倍増するものです。この靴を話題にまた楽しいお話に花が咲いていれば幸いです。

〈What is your reason to order?〉

This is the first time to introduce our original buckle boots as our client's order. The boots are made with tough materials like navy blue oiled leather and rubber sole. But they have come out elegant ones with shiny triple silver buckles. The client ordered them not for work but for his free time as his first order form us. He said, he'd rather thought about shoes as consumables before, and never tried to order them. Why did he become to be interested in shoes and how did he come to order this boots? For one thing, when he got his old shoes that had repaired, he was so surprised that they looked like as good as new ones. At that time he changed his mind and wanted to wear good shoes for a long time with repairing. In addition, there is other key factor. He found the person who was familiar with shoes near himself. Talking about same interest and sharing same value with friend must be fun. I hope they had fun time of talking with this boots.

 ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:アメリカンオイルドレザー/ネイビー、ソール:ラバーソール




  • 2016.02.11 Thursday
  • Boots

ドイツ R.G.様

〈靴で繋がる、靴で越えていく〉

昨年に引き続き海外からのお客様が多い年となりそうな2016年、今年初めてのご紹介はドイツからのお客様の一足です。日本への出張の機会が多く、日本のものづくりへもご興味があったことから日本でのオーダーを検討されたといいます。そんなお客様は、ボリュームがありがっちりとした、私たち日本人が一般的にイメージするような「ドイツ人らしい」足をお持ちでした。一年を通してブーツを履かれているということで、選ばれたスタイルはジョージブーツ。羽根の形状が横長のチャッカブーツに比べ、丈も長く縦長の羽根がエレガントな印象のブーツです。丈が長く、くるぶしを覆うブーツは、その構造上フィッティングの遊びが多くならざるを得ない為、フィッティングの基準を作る観点から通常一足目のオーダーではお勧めしていません。しかし今回の様に、年間を通じてブーツを愛用されている方や、ブーツのモデルを気に入られてオーダーされる方は、何よりも履いていただくことが第一ですのでその限りではありません。多いときでは一年に十回以上も日本にいらっしゃるというお客様、おつくりした靴がその足元をしっかり支えることを願っております。

〈Shoes are our window on the world〉

Let me introduce the client from Germany at the beginning of this 2016 year in the hope that customers from abroad of this year will increase followed the last year. He lives in Germany but wants to order a pair of bespoke shoes in Japan, because he has many opportunities to visit Japan for business trip and also he is interested in Japanese products. He chose a pair of george boots so that he can wear boots through the year. The george boots have higher and vertically longer quarter compare to the chukka boots and thus, look elegant. Usually we don't recommend boots for the first order. There are some play of fitting with boots as a result of its structure (high quarter, and therefore ankles are covered). So, shoes are suitable for the first pair to make an standard of fitting. But we are pleased to accept boots order for the first pair if clients wear boots all year around like him or simply like boots very much. The client's want is always our priority. This client come to Japan more then 10 times the greatest a year. We wish our boots support the feet of this busy client well.

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:スクエアウエスト

 



  • 2016.01.12 Tuesday
  • Boots

東京都 A.I.様

〈その選択の訳 〉

何足かオーダーいただいている今回のお客様、一貫してお仕事で履かれる靴をおつくりいただき、スタイルとしてはシンプルかつエレガントなものがお好みです。今回のご注文では、雪の多い地域に合わせて、ラバーソール、オイルドレザー仕様のブーツに的を絞られ、以前からお好きであったチェルシーブーツを選ばれました。チェルシーブーツは、エラスティックの伸縮により脱ぎ履きを可能にしており、レースアップタイプのブーツに比べ筒周りのボリュームが抑えられます。そのため足首にタイトにフィットするので、スーツの足元がもたつかず、エレガントなプレーントゥのように合わせていただけます。スタイルがお好みということで選ばれた黒のチェルシーブーツですが、その本来のスーツとのコーディネートのし易さに雪道を想定したスペックが加わり、見事な選択だと言えます。

〈 The reason for this choice 〉

This client have ordered constantly some pair of shoes for business occasion from us. His favorite style is simple and elegant. This time he wanted a new pair made with rubber sole and oiled leather to use at a snowy area. And he ordered this chelsea boots which he liked for a long time. The chelsea boots have smaller volume around ankle than lace-up boots, because they are put on by expanding its elastic rubbers. So they can fit wearer's ankle tightly and suit business style like elegant plain toe shoes. He ordered this style just because he liked it, but it was a wonderful choice. Because they are fit for his style on business occasion and good for a snowy road.

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:アメリカンオイルドレザー/ブラック、ソール:ラバーソール




  • 2015.12.13 Sunday
  • Boots

埼玉県 A.M様

〈使い手に学ぶ靴づくり〉 

こちらのお客様は、これまで何足もエレガントでドレッシーな靴をオーダーいただき、長くおつきあいいただいている方です。オイルドレザー、ラバーソール仕様でおつくりした今回のジョッパーブーツは、少し趣きを変えて足元のバリエーションを広げる一足といえます。毎回、細かな仕様を含め、つくりたい靴のイメージがはっきりされているお客様。そうしたこだわりや想いが詰まったアイデアが形になると、私たち作り手もハッとするような一足となり、大変勉強になります。これこそ、使い手がものづくりに参加するビスポークならではの醍醐味ではないでしょうか。仕様こそ違えど、これまで同様お客様にふさわしい洗練された一足に仕上がりました。

〈Client could be a master of shoemaker〉

 This client had ordered us many elegant and dressy shoes until then. But this jodhpurs boots made by oiled leather and rubber sole are a little different from them and might spread variation of his style. He always has image what kind of shoes he want to make obviously including small specifications, every time he order shoes. In the process of making shoes of those idea filled with his preference detail and thought on shoes, even we, shoemakers, are surprised at them and learn many things . This is indeed the shoemaking peculiar to bespoke that the client takes part in it. Though the specifications of shoes are different, we did make elegant shoes suitable for this client's style as we always had done.

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:イタリアンオイルドレザー/ダークブラウン、ソール:ラバーソールダブル、ソール&ダブルウェルト




  • 2015.06.02 Tuesday
  • Boots

| 1/3PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop