HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

東京都 R.A.様

〈人を迎える靴、会話をもたらす靴〉

 

こちらは、私達の知人の紹介でご来店いただいたお客様の一足です。会社の社長をされていて、そちらの社員である私達の知人からハンドメイドの靴づくりがあることや、靴をオーダーできることを聞かれ、興味を持たれたそうです。これまで特別靴にお困りであったわけではないそうですが、次の入社式にしっかりとした靴を履いて新入社員を迎えたい、という思いもあり縁あってオーダーいただくこととなりました。

選ばれたのはダークブラウンのアデレードスタイル。エレガントで、フォーマルな場に相応しいスタイルですが、ソール面にラバーをつけることで普段使いもしていただける仕様になっています。

紹介していただいた知人とは度々合う機会があるのですが、その際にこちらのお客様が普段この靴を履かれている様子を伺うことがあります。おつくりした靴がきっかけとなり会話が弾んでいることを伺い知ることができると同時に、靴という共通言語があることで、会社の中での立場の違いにかかわらず良いコミュニケーションが生まれていることを嬉しく思っています。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ラバーソール

 

〈Where there's a shoe there's a conversation.〉

 

This customer visited us because our friend introduced us to him. He is the president of a company where she works. Her introduction about handmade shoes or ordering shoes made him interested in us. He didn't have serious problems with shoes, but he ordered a pair of shoes from us because he wanted to put on a proper shoe to welcome new staff members at the welcome ceremony.

He chose an adelaide style in a dark brown color. This style is elegant and formal that is suitable for that kind of ceremony. But they also can be used in daily life because of the half rubber sole specification.

We often meet our friend and sometimes she tells us how he wears these shoes everyday. We can know that these shoes make chances for them to have a nice conversation. And it is a pleasure for us that they have good communication regardless of their different positions in the company because of shoes as a common interest.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Rubber sole

 

 

 

 



最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop