HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

千葉県 T.M.様

〈そのスタイルに込められたもの〉

 

今回ご紹介する靴のオーナーは、脚長差のある難しい足と、屈んで靴紐を締めることに支障があるという事情をお持ちのお客様でした。そんな事情から希望されたスタイルが、HIRO YANAGIMACHI 初となるレイジーマンスタイル。イミテーションのレースによる紐靴のような見た目と、サイドエラスティックの脱ぎ履きの容易さを両立したスタイルです。脚長差はインヒールで解消し、お客様のお気持ちに叶った一足となりました。靴紐を緩めずに脱ぎ履きが出来ることからから付けられた、「怠け者」と言う意味のレイジーマンという名前や、レースがイミテーション、つまり飾り物である点からポジティブな印象を持たれない方もおられるかもしれません。しかし、紐靴が履きたくても履けない方にとっては、紐靴でなくても紐靴の持つフォーマルな印象や、スタイルとしての存在感を手に入れることの出来る、理想的なスタイル。そうした観点からこのイミテーションレースは単なる飾り物とは言い切れない意味のあるもので、改めてこのスタイルの存在意義を感じることができました。お客様のご注文から、このスタイルの新たな面に気付くことができ、大きな収穫を得ることができた一足です。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:スクエアウエスト

 

〈Style from function.〉

 

This pair of shoes was ordered by a customer who has legs with different lengths and some issues with tightening laces. For these reasons, he ordered these lazy man shoes and it was the first time for us to make this style. This is the style that is able to both look like a lace up shoe because of  the imitation laces and can be worn easily because of the side elastic in the shoes. We could realize his wish with this style and accommodate the difference in his leg height by using an in-heel in the shoe. Some people may not have a positive image of lazy man shoes because of its name which comes from how they are worn easily without laces and the fact that the laces are imitation. But for those people who cannot wear lace up shoes even though they want to, this is the ideal style that can look formal and like a lace up shoe. From this point of view, these imitation laces are not just ornaments but have a meaning. We are pleased that we could become aware of a new aspect to this style of shoe because of this order.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Square waist

 

 

 

 


ノルウェー Mr. S.R. / from Norway

〈海外への起点〉

 

今回は、ある日ノルウェーから来店されたお客様の一足です。日本語が堪能な彼は日本に留学経験があり、日本の靴づくりをとても評価してくれていました。実は彼はノルウェーにある靴のお店のスタッフで、お店で扱えるものはないかとご来店されたのです。大変な靴好きであり、職業柄様々なブランドの靴を履いた経験がある彼曰く、北欧の人らしい長身に相応しい大きなその足に、主要なブランドの靴はだいたいフィットするとのこと。一方私たちはちょうどその当時、欧米向けのラストの開発を検討していたところでした。そこで彼の足を測定させてもらい、その足型をヒントに新しいラストを開発することとなりました。そうして完成したラストが、今や海外4都市で開催しているトランクショーで好評をいただいているラストとなっています。言ってみれば彼の訪問が起点となって、現在の私達の活動の広がりを作ることができたのです。小さな点に過ぎなかったそれぞれの想いや背景が、絶妙なタイミングで繋がり、流れとなって、今では世界の多くのお客様に靴を届けることができている。後に、より意味を増してくるであろうこの事実に不思議な縁さえ感じています。そんな私たちにとってのキーマンが選んだモデルはHIRO YANAGIMACHIオリジナルの、フェイスにハンドステッチを施したホールカット、感謝の気持ちを持っておつくりしました。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The starting point of our overseas trunk show.〉

 

This pair of shoes was ordered by a customer who visited us from Norway one day. He could speak Japanese very well because he had studied in Japan, and he regarded Japanese shoemakers highly. In fact, he was a staff member of a shoe shop in Norway and he was searching for something to potentially stock at the store. He, as a man who loves shoes and had many experiences trying various brands of shoes due to the nature of his job, said almost all shoes from major brands fit his feet well regardless of his large feet. At the same time, we were thinking about making new lasts for western customers as up to this point we had been using our house last based on the Japanese foot. So we asked him if we could measure his feet and then we developed a new last using his measurements as reference points. This is the last we brought with us to our overseas trunk show held in 4 cities. His visit, so to speak, was the starting point of what we do now. On both sides there were wishes or desired things to do, along with similar backgrounds, and these points connected together miraculously and became something bigger. Now we can deliver our shoes to lots of people around the world. We feel very blessed that this will likely increase in importance in the future. Such a key person for us chose this HIRO YANAGIMACHI original wholecut with hand stitches on the face. We made them with gratitude. 

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


東京都 M.S.様

〈外界との接点〉

 

今回は、こちらのパンチドキャップをオーダーいただいたお客様のご紹介です。これまで様々な靴を履いてこられ、ご自身のフィッティングの問題点をはっきりと感じておられたお客様、HIRO YANAGIMACHI のサンプルの写真をご覧になり、この形なら自分の足に合うのではないかと思われたそうです。まずは木型を変更せずにおつくりした一足目を履きこまれ、その結果を受けて二足目となるこちらの靴は、木型に必要な修正を加えてのオーダーとなりました。

お渡しの際にお客様から、「外界と自分との接点は靴底だから、靴は大切にしている」という印象的な言葉をいただきました。装いの一つであると同時に歩く道具でもある靴の重要性は、これまで何度もお伝えしてきましたが、もう少し大きな視点で、靴が地面ひいては地球との接点であるという考え方は新鮮でした。靴が地球という大きな存在と、個人という小さな存在の接点である事実に、私たちが日々つくっているものの重要性を再認識することとなりました。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

 

〈A contact point with the outside world.〉

 

We will introduce a customer who ordered this pair of punched cap shoes.  He knew his problems with shoe fittings because he had worn many kinds of shoes before ordering from us. And he said he thought our shoes would fit him well when he saw photos of our sample shoes. After he broke in his first pair of shoes from us that he had ordered by made-to-order, he ordered this second pair by made-to-measure after receiving the results from his first pair. 

 

When he received this second pair, he told us some impressive words. "Shoes are important for me because the shoe sole is the contact point between the outside world and me." We often talk about the importance of shoes as both a fashion item and as a tool for walking. But it was interesting to hear a new viewpoint that shoes are a contact point with the ground and the earth as well. We were able to again realize the importance of what we make every day from the fact that shoes are a point of contact between the big earth and a small individual.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


中国 E.L.様 / Mr. E.L. from China

〈ビスポークという新たな東京の魅力〉

 

今回は中国からオーダーに来ていただいたお客様のご紹介です。SNSを通じて私たちの靴を気に入って下さり、また東京へは頻繁にいらっしゃるということでご来店いただきました。お仕事ではなく、ショッピングが東京を訪れる目的というお客様、私たち以外でもビスポークでのオーダーを楽しまれているそうです。アジア圏の方にとって、時差もなく気軽に訪れることが出来、食事やショッピングの場が充実している東京は、アジアの中のパリのような存在とも言われ、繰り返し東京へいらっしゃる方が多くみられます。”ビスポークを楽しむ”という事が、そうした方々の東京を訪れる目的のひとつとなっていることは大変誇らしいことです。

こちらのお客様が最初の一足にと選ばれたのは、HIRO YANAGIMACHI オリジナルの内バネのギリー。初回はその工房の代表的なモデルをオーダーしたいという、ビスポークに親しまれたお客様ならではのスマートな選択でした。そこに、ダイヤモンドキャップと、お気に入りのフレーズを真鍮の釘でソールに施すアレンジを加え、こだわりの一足が仕上がりました。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The charm of new, bespoke Tokyo.〉

 

Please let me introduce this customer from China. He found us through social media and he likes our products very much. Also, he visits Tokyo very often, not for business but for shopping. He enjoys shopping here, including making bespoke orders in Tokyo. There are a lot of visitors from Asia coming to Tokyo again and again because there are many shopping spots and gourmet choices and is easy to visit without jet lag. It is said that Tokyo is like the Paris of Asia in this way. We are very proud that enjoying bespoke orders has become one of the reasons people visit Tokyo.

 

The style that he chose for the first pair from us was HIRO YANAGIMACHI’s original oxford style gillie. He has a policy to order the maker’s masterpiece style for his first order. It is a smart choice as he is familiar with bespoke culture. Lastly, he personalized his shoes by adding a diamond cap and brass ornamentation with his favorite phrase.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 


静岡県 Y.Y.様

〈履きたいのは、長く愛着を持てる靴〉

 

今回ご紹介するのは女性のお客様。クラシックな装いのご主人とご来店されましたが、実はもともと奥様自身がそうした装いがお好きで、ご主人はその影響を受けられたとか。ご自身も以前からしっかりとした製法と素材でつくられた靴を長く履きたいと思っていたものの、レディースの靴ではそうした靴が見つからず、その思いを叶えられずにいたそうです。一般的に女性は靴を選ぶ際に、コーディネートや流行で選ぶ傾向が強いと言われますが、こちらのお客様のように、長く履くために製法や素材を重視して選ぶ、という女性も多くいらっしゃいます。今回は女性特有の足の小ささとフィッティングの問題を考慮して、フルオーダーでのご注文となりました。ご来店前から決めてこられた鮮やかな配色のコンビ素材は、女性ならではのコーディネートに映えそうです。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック×ミディアムブラウン、ソール:スクエアウエスト

 

〈Shoes to be attached to for a long time.〉

 

The owner of this pair of shoes is a woman who visited us with her husband. Her husband wore classic style clothes when he came to our workshop, and this was due to her influence because she has always liked this kind of style. She, herself, also wanted to have a pair of shoes with good quality and traditional construction, and she came to our workshop as it was difficult to find this kind of shoe. In general, women tend to choose shoes to coordinate with certain clothes or depending on fashion. But there are also many women who choose shoes based on construction and materials as they want to wear the shoes for a long time. She chose this pair with its vivid combination of colors before visiting our workshop. It must look quite nice paired together with her clothes.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black × Midium Brown, Sole : Square waist

 

 

 

 


<< | 2/32PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop