HOME  »  Works

Works

HIRO YANAGIMACHIでつくる靴には、一足一足それぞれにストーリーがあります。ここでは過去にお客様に制作させていただいた靴の中から一部を取り上げ、それらに込められたストーリーをご紹介いたします。

スウェーデン Mr. J.M. / Mr. F.H. / Mr. J.I. from Sweden

〈スウェーデンで注目される日本の靴づくり〉

 

今回ご紹介するのは、スウェーデンから別々にご来店いただいた3名のお客様の靴です。スウェーデンではこのところ、イギリスの影響を受けたクラシックなスタイルが若い方々を中心に人気で、靴もその例外ではなく、良いものを長く履きたいという考えで靴に興味を持っておられる方が多くいらっしゃいます。実はそうした方々に、日本の靴作りが大変注目されています。そこには日本人の細部へのこだわりや、クオリティーに対する考え方への共感があるのではないでしょうか。スウェーデンを含む北欧といえば、北欧家具を思い浮かべる方も多いと思いますが、その特性としてクオリティーの高さや、ただ伝統的なだけではないモダンなスタイルや洗練されたデザイン性があり、それはそのままスウェーデンの方の靴の嗜好に通ずるように感じます。

そのような流れの中、わざわざ遠い北欧からいらした3名がそれぞれオーダーされたのは、やはりクラシックで代表的なスタイル。長い雪の季節が終わりを告げ、そろそろこちらの靴の出番が来る頃でしょうか。

 

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:ベースラスト/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ベベルドウエスト

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ミディアムブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Sweden gazing at Japanese shoemakers.〉

 

Please let me introduce three customers who individually visited us all the way from Sweden. In Sweden, the classic fashion influenced by England is very popular especially among young people, and shoes are no exception. These people have interest in shoes because they want to wear good quality shoes for a long time. Actually, Japanese shoemakers are being watched with interest by such people. We think they feel sympathy for the Japanese attention to details and the way of thinking about quality. When people hear about Scandinavia, including Sweden, many people think about Scandinavian furniture. Scandinavian furniture has characteristics such as high quality, modern style and sophisticated design, and not just classic. We wonder if these characteristics are similar to the taste in shoes among Swedish shoe lovers.

Perhaps unsurprisingly, these customers also ordered classical and typical styles. Now may be the time to wear these shoes after a long snowy season.

 

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Dark brown, Sole : Beveled waist

Last : Base last/Round toe, Upper : French calf/Medium brown, Sole : Beveled waist

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Medium brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 

 

 


福岡県 K.F.様

〈「つくる」に踏み出せば、靴はもっと楽しくなる〉

 

今回は2足目となるこちらの靴をビスポークでオーダーいただいたお客様のご紹介です。たまたま紹介を受けオーダーいただいたパターンオーダーでの1足目を契機に、靴をつくることへの興味が膨らみ、1足目を履き込む間もなく2足目のビスポークオーダーのためご来店されました。伺うと、これまでも少なからず靴への不満があったものの、靴は有るものの中から「選ぶ」ものであって、「つくる」という考えは思ってもみなかったそうです。そのためパターンオーダーがきっかけとなり、希望のスタイルや理想の履き心地など、靴についての世界が一気に広がり、時を移さず2足目のビスポークオーダーに踏み切られました。実はこうした、既成靴に不満はあるけれど「靴をつくる」という選択肢に気付かれていない方は依然として多いように思います。靴が先に存在するのではなく、履く人の足や想いが先にある靴づくりをより多くの方々に広めることができればと思います。

そんなお客様がビスポークで選ばれたのは、深いバーガンディ色のダブルモンク。その履き心地や仕上がりにご満足いただけたことは言うまでもありません。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/バーガンディ、ソール:ベベルドウエスト

 

〈Enjoy "making your own shoes".〉

 

Please let me introduce a customer who ordered these bespoke shoes as his second pair from us. He had ordered his first pair after he had been introduced to us by chance. His interest in ordering, or making shoes for himself, began to increase after this and he visited us to order his second pair before he broke his first pair in. For him, shoes had been things to choose from an already existing selection and he had never thought to make his own shoes, though he had experienced some dissatisfaction with ready made shoes. So his ideas about shoes, ideal style and comfort increased suddenly and he decided to make his second shoes by bespoke immediately. Actually, there are many people who do not think about "making their own shoes" though they have dissatisfaction with ready made shoes. We would like to spread this kind of approach towards shoes -- not just thinking about shoes as something which already exist and then a customer chooses from, but something which is made for the owner's feet and feeling.

This customer chose double monk shoes in a deep burgundy color. We are happy that he was satisfied with the shoes comfort and workmanship.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Burgundy, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


千葉県 T.M.様

〈そのスタイルに込められたもの〉

 

今回ご紹介する靴のオーナーは、脚長差のある難しい足と、屈んで靴紐を締めることに支障があるという事情をお持ちのお客様でした。そんな事情から希望されたスタイルが、HIRO YANAGIMACHI 初となるレイジーマンスタイル。イミテーションのレースによる紐靴のような見た目と、サイドエラスティックの脱ぎ履きの容易さを両立したスタイルです。脚長差はインヒールで解消し、お客様のお気持ちに叶った一足となりました。靴紐を緩めずに脱ぎ履きが出来ることからから付けられた、「怠け者」と言う意味のレイジーマンという名前や、レースがイミテーション、つまり飾り物である点からポジティブな印象を持たれない方もおられるかもしれません。しかし、紐靴が履きたくても履けない方にとっては、紐靴でなくても紐靴の持つフォーマルな印象や、スタイルとしての存在感を手に入れることの出来る、理想的なスタイル。そうした観点からこのイミテーションレースは単なる飾り物とは言い切れない意味のあるもので、改めてこのスタイルの存在意義を感じることができました。お客様のご注文から、このスタイルの新たな面に気付くことができ、大きな収穫を得ることができた一足です。

 

ラスト:フルスクラッチ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:スクエアウエスト

 

〈Style from function.〉

 

This pair of shoes was ordered by a customer who has legs with different lengths and some issues with tightening laces. For these reasons, he ordered these lazy man shoes and it was the first time for us to make this style. This is the style that is able to both look like a lace up shoe because of  the imitation laces and can be worn easily because of the side elastic in the shoes. We could realize his wish with this style and accommodate the difference in his leg height by using an in-heel in the shoe. Some people may not have a positive image of lazy man shoes because of its name which comes from how they are worn easily without laces and the fact that the laces are imitation. But for those people who cannot wear lace up shoes even though they want to, this is the ideal style that can look formal and like a lace up shoe. From this point of view, these imitation laces are not just ornaments but have a meaning. We are pleased that we could become aware of a new aspect to this style of shoe because of this order.

 

Last : Full scratch/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Square waist

 

 

 

 


ノルウェー Mr. S.R. / from Norway

〈海外への起点〉

 

今回は、ある日ノルウェーから来店されたお客様の一足です。日本語が堪能な彼は日本に留学経験があり、日本の靴づくりをとても評価してくれていました。実は彼はノルウェーにある靴のお店のスタッフで、お店で扱えるものはないかとご来店されたのです。大変な靴好きであり、職業柄様々なブランドの靴を履いた経験がある彼曰く、北欧の人らしい長身に相応しい大きなその足に、主要なブランドの靴はだいたいフィットするとのこと。一方私たちはちょうどその当時、欧米向けのラストの開発を検討していたところでした。そこで彼の足を測定させてもらい、その足型をヒントに新しいラストを開発することとなりました。そうして完成したラストが、今や海外4都市で開催しているトランクショーで好評をいただいているラストとなっています。言ってみれば彼の訪問が起点となって、現在の私達の活動の広がりを作ることができたのです。小さな点に過ぎなかったそれぞれの想いや背景が、絶妙なタイミングで繋がり、流れとなって、今では世界の多くのお客様に靴を届けることができている。後に、より意味を増してくるであろうこの事実に不思議な縁さえ感じています。そんな私たちにとってのキーマンが選んだモデルはHIRO YANAGIMACHIオリジナルの、フェイスにハンドステッチを施したホールカット、感謝の気持ちを持っておつくりしました。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ダークブラウン、ソール:ベベルドウエスト

 

〈The starting point of our overseas trunk show.〉

 

This pair of shoes was ordered by a customer who visited us from Norway one day. He could speak Japanese very well because he had studied in Japan, and he regarded Japanese shoemakers highly. In fact, he was a staff member of a shoe shop in Norway and he was searching for something to potentially stock at the store. He, as a man who loves shoes and had many experiences trying various brands of shoes due to the nature of his job, said almost all shoes from major brands fit his feet well regardless of his large feet. At the same time, we were thinking about making new lasts for western customers as up to this point we had been using our house last based on the Japanese foot. So we asked him if we could measure his feet and then we developed a new last using his measurements as reference points. This is the last we brought with us to our overseas trunk show held in 4 cities. His visit, so to speak, was the starting point of what we do now. On both sides there were wishes or desired things to do, along with similar backgrounds, and these points connected together miraculously and became something bigger. Now we can deliver our shoes to lots of people around the world. We feel very blessed that this will likely increase in importance in the future. Such a key person for us chose this HIRO YANAGIMACHI original wholecut with hand stitches on the face. We made them with gratitude. 

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Dark Brown, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


東京都 M.S.様

〈外界との接点〉

 

今回は、こちらのパンチドキャップをオーダーいただいたお客様のご紹介です。これまで様々な靴を履いてこられ、ご自身のフィッティングの問題点をはっきりと感じておられたお客様、HIRO YANAGIMACHI のサンプルの写真をご覧になり、この形なら自分の足に合うのではないかと思われたそうです。まずは木型を変更せずにおつくりした一足目を履きこまれ、その結果を受けて二足目となるこちらの靴は、木型に必要な修正を加えてのオーダーとなりました。

お渡しの際にお客様から、「外界と自分との接点は靴底だから、靴は大切にしている」という印象的な言葉をいただきました。装いの一つであると同時に歩く道具でもある靴の重要性は、これまで何度もお伝えしてきましたが、もう少し大きな視点で、靴が地面ひいては地球との接点であるという考え方は新鮮でした。靴が地球という大きな存在と、個人という小さな存在の接点である事実に、私たちが日々つくっているものの重要性を再認識することとなりました。

 

ラスト:モディファイ/ラウンド、アッパー:フレンチカーフ/ブラック、ソール:ベベルドウエスト

 

〈A contact point with the outside world.〉

 

We will introduce a customer who ordered this pair of punched cap shoes.  He knew his problems with shoe fittings because he had worn many kinds of shoes before ordering from us. And he said he thought our shoes would fit him well when he saw photos of our sample shoes. After he broke in his first pair of shoes from us that he had ordered by made-to-order, he ordered this second pair by made-to-measure after receiving the results from his first pair. 

 

When he received this second pair, he told us some impressive words. "Shoes are important for me because the shoe sole is the contact point between the outside world and me." We often talk about the importance of shoes as both a fashion item and as a tool for walking. But it was interesting to hear a new viewpoint that shoes are a contact point with the ground and the earth as well. We were able to again realize the importance of what we make every day from the fact that shoes are a point of contact between the big earth and a small individual.

 

Last : Modified last/Round toe, Upper : French calf/Black, Sole : Beveled waist

 

 

 

 


<< | 2/32PAGES | >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー


Works | HIRO YANAGIMACHI Workshop